スワン歯科のオリジナル“Careシステム”

医療法人スワン会では、患者様の口腔内環境を末永くお守りするためにオリジナルの“Careシステム”にて、口腔内ケアを行っています。歯科医師と歯科衛生士が、患者様お一人おひとりのお口の状態に合ったケアをご提案。ブラッシング指導などホームケアの指導・アドバイスから、歯のクリーニング、フッ素塗布など歯科医院でのプロケアまで、トータルケアをご提供します。歯に関すること、不安や疑問に思ったことなどがあればお気軽におたずねください。

ケア&キュアプログラム

予防プログラムの一例です。

Aコース
  1. 来院時に簡単なカウンセリングを行います。
  2. 歯周検査、カリエス(虫歯)チェックを行います。ここでご自身のお口の中の健康度を診断していきます。
  3. 口腔内写真撮影。見た目や着色などを確認していきます。
  4. スケーリング(歯石取り)
  5. ステインオフ(着色を取り除いていきます)
  6. PMTC。専用機材を使ってお口の中全体をきれいに、清潔な状態にしていきます。
  7. サリバテスト(唾液検査)を元に継続した予防プランを提案します。
    顕微鏡を併用する場合があります。
  8. 3DS(抗菌剤やフッ素塗布を行い、虫歯を予防します) 他にも患者様に応じた様々なプログラムをご用意しております。お気軽にご相談ください。

予防歯科メニュー

PMTC 歯科衛生士によるお口の中のクリーニング。
3DS 歯科衛生士によるお口の中の除菌。薬剤を塗布したマウスピースを装着し除菌します。
ガムマッサージ・
リップマッサージ
歯科衛生士による歯肉・唇のマッサージ。 リラクゼーション効果のある専用のアロマペーストを使い、歯肉や唇の血行を良くします。
ホワイトニング 歯科衛生士による歯のエステ。歯に薬剤を塗布して、歯を白くしていきます。
» ホワイトニングの詳細はこちら

定期ケアをしたほうが実は安い!?

定期的に歯科医院を受診している人は、全ての病気にかかる年間の総医療費が低くなる傾向があることが、トヨタ関連部品健康保険組合(愛知県豊田市) と豊田加茂歯科医師会の共同調査で分かった。同組合の組合員5万2,600人の2009年度の医療費と受診歴のデータを分析。歯科医院で年に2回以上、定期的に歯石除去などをしている602人を抽出し、総医療費を調べた。

その結果、定期受診の人は48歳までは総医療費が平均より高かったが、49歳を過ぎると平均を下回る分布傾向となった。65歳になると年平均が35万円に対し、定期受診の人は20万円以下とその差は広がっていく。
(中日新聞 2011年3月28日付け)

この記事からわかるように、歯科医院に定期的に受診しているほうが、生涯にわたってかかる歯科の医療費が抑えられることがわかっています。

若いころから「虫歯になったら歯を削る」ということを続けていると歯のダメージはどんどん蓄積し、年をとってくると(50歳前後から)歯を失いはじめます。すると、歯を補う治療である入れ歯やインプラントの治療が必要になり、お金がかかってしまうのです。歯の健康のことを考えても、医療費のことを考えても、定期的に歯科受診することをおすすめします。

定期検診に関するご相談はこちらから
0120-143-418