目立たない舌側矯正・インコグニト

「矯正治療を受けたいけど、装置の見た目が気になる・・・」という方にとって、歯の裏側に装置を付ける裏側矯正(舌側矯正 / リンガル矯正)は有力な選択肢となります。この裏側矯正のなかでも、近年注目を集めているのが「インコグニト」と呼ばれるものです。

インコグニトはドイツで生まれた新しい裏側矯正治療です。歯の裏側にブラケットを付けるために目立たないのは従来の裏側矯正と同様の利点ですが、その他にも様々なメリットがあります。インコグニトは、CAD/CAMシステムを使い、一人ひとりの患者様の歯並びに合わせてオーダーメイドで矯正装置を作製します。そのため、従来の裏側矯正でありがちだった「お口の中の違和感」や「発音障害」などのデメリットが大幅に改善されています。さらに、歯がよりスムーズに動くため治療期間も短縮できるなど、従来の裏側矯正に比べて多くのメリットを持っています。

スワン歯科は、一般的な矯正治療はもちろん、インコグニトを用いた裏側矯正においても数多くの実績がございます。

カスタムメイドのインコグニト装置は2ミリ以下と極めて
薄く、舌の違和感・発音のしにくさが軽減されます。
コンピューターによる設計を基に、ロボットを使って複雑
かつ正確に歯の形に合わせ屈曲させたアーチ型ワイヤー
を装着するため、効率のよい歯列矯正が可能です。

インコグニトのメリット

患者様に合わせて、フルオーダーメイドで作成

裏側なので目立たない 矯正装置を全て歯の裏側につけて矯正する舌側矯正は、装置が表側から見えないため、目立ちません。
装置の違和感が
ほとんどない
インコグニトは、目標とする歯並びに合わせて、一人ひとりの患者様に最適な形状の装置をCAD/CAMシステムによりオーダーメイドで作製。高精度の矯正装置をつくることができるため、従来の裏側矯正に比べて違和感を少なくすることができます。
治療時間が短い あらかじめ作製されたワイヤーを段階ごとに製作するため、ワイヤーの調整が最低限で済みます。
装着中のトラブルが
少ない
歯に対するブラケットの接着面が大きいため、矯正治療中の虫歯リスクが減少し、装置が外れてしまうトラブルも抑えることができます。

従来の舌側矯正とインコグニト矯正の違い

【従来の舌側矯正装置】

【Incognito – インコグニト】

インコグニト矯正の進め方

1.検査・診断

お口の中の状況を詳しく調べる検査を行います。検査結果をもとに、治療方針をご説明します。

2.歯型とり

患者様の歯型をとります。

3.装置設計・
製造

患者様一人ひとりに合わせた特注の矯正装置を設計、CAD/CAM技術を使用し、カスタムメイドのインコグニト装置を製造します。

4.治療開始

当院にてインコグニト矯正装置を歯に装着します。

5.治療終了・
保定

治療終了後は、他の治療方法同様、保定が必要となります。

費用・料金に関しては、こちらを御覧ください。

医療法人スワン会がご提供しているその他の矯正治療はこちら