失った歯を補う「ブリッジ治療」のメリット・デメリット

失った歯を補う「ブリッジ治療」のメリット・デメリット

歯は、私たちが生きていくうえで欠かせないものですが、その平均的な寿命は50年程度と言われ、人の寿命より短くなっています。歯の寿命より人生のほうが長いわけですから、もし虫歯や歯周病で歯を失ってしまったときは、治療をして歯を補わなければいけません。

歯を補う治療法の選択肢として、「ブリッジ」があります。今回は、ブリッジ治療のメリット・デメリットについて解説していきましょう。

ブリッジ治療ってどんな治療?

ブリッジ治療とは、失ってしまった歯の両隣にある歯を削り、それらの歯を土台にして人工の歯を被せる治療法です。両隣の歯に「橋」をかけるように人工歯を被せることからブリッジ治療と呼ばれます。

ブリッジ治療のメリット

見た目が自然で、違和感が少ない

ブリッジは、一般的な部分入れ歯に比べると「バネ」がないので、目立ちにくいのが利点です。特に、セラミックの人工歯を用いる場合、インプラントほどではありませんが比較的自然な見た目が得られます。また、ブリッジで被せる人工歯は、歯科用接着剤で土台の歯にしっかり固定されるため違和感が少なく、周囲の歯と同じような自然な噛み心地を実現できます。入れ歯と違い、ズレたり浮き上がったりしにくいのもメリットだと言えるでしょう。

外科的処置が必要なく、治療期間が短い

ブリッジ治療は外科的な処置をする必要がありません。基本的に、両隣の歯を削る → 人工歯の型を採る → その歯を装着する、という短期の通院で治療が終わります。

治療費が比較的安い

ブリッジの材質や本数、失った歯の位置などによって異なりますが、基本的にブリッジには保険が適用されるため、比較的安価に治療できます。人工歯をセラミックなどでつくる場合は自費治療になるケースもありますが、それでもインプラント治療に比べると安価に抑えられます。

ブリッジ治療のデメリット

健康な歯を削らなければいけない

ブリッジ治療の最大の懸念点は、失った歯の両隣の健康な歯を削らなければいけないという点です。歯は人間の体のなかで唯一、再生機能を持たない組織であり、一度削ってしまうと二度と元通りには戻りません。また、大きく削られた歯の寿命は約10年縮むと言われています。つまり、失った歯を補うためにブリッジ治療で歯を削ったところ、今度は土台にした歯を失ってしまう・・・というようなリスクもあるのです。

土台にする歯に負担がかかる

たとえば、一般的な3本連結のブリッジでは、3本分の噛む負担を土台にする2本の歯で受けることになり、通常よりも多く負担がかかることになります。そのため、経年とともに土台とした歯が弱くなり、歯が揺れてきたり、歯が割れてしまったりするおそれがあります。

両隣に歯がないとブリッジができない

ブリッジは両隣の歯を土台とする必要があるため、いちばん奥の歯などを失ってしまった場合はブリッジ治療をすることができません。また、歯周病などで両隣の歯がグラグラしている場合など、歯の状態によってはブリッジ治療ができないこともあります。

銀座スワン歯科・矯正歯科 院長より

インプラントと入れ歯、そしてブリッジ――どの治療法が最適なのかは患者様の口腔内環境によって異なります。現在は、総合的に考えてインプラント治療がもっともアドバンテージが大きいと言われていますが、患者様によってはブリッジや入れ歯を選ぶべき場合もあります。まずは、それぞれの治療法のメリット・デメリットをよく理解したうえで、歯科医院に相談してみることが重要です。

次回の歯科コラムは、2月7日(火)の公開を予定しております。ぜひお楽しみに。

>> コラムトップ

予防歯科

>> カテゴリから選ぶ

  • 予防歯科
  • 矯正歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ニュース・雑学
  • 一般歯科・その他
  • 新宿スワン歯科・矯正歯科
  • 銀座スワン歯科・矯正歯科
  • ゲートタワー歯科・矯正歯科
  • ミッドランドスワン歯科・矯正歯科
  • 栄スワン歯科・矯正歯科
  • 港スワン歯科・矯正歯科
  • 白鳥スワン歯科・矯正歯科