大人の虫歯は進行しても痛くない!?

一般歯科・その他

大人の虫歯は進行しても痛くない!?

子どもの頃は頻繁に虫歯の治療をしていたのに、大人になってから虫歯ができなくなったと感じている方は多いと思います。しかし、本当に虫歯ができていないのでしょうか?

厚生労働省の調査では、成人の9割以上に虫歯があることが明らかになっています。つまり、実際は虫歯があるのに、「自分は虫歯はない」と考えている大人が多くいるということです。それではなぜ、「虫歯はない」と考えている大人が多いのでしょうか?――それは、大人の虫歯は痛みを感じにくく、自覚が遅くなる傾向にあるからです。

今回は、子どもの虫歯と大人の虫歯の違いについて解説していきましょう。

子どもの虫歯の特徴

子どもの歯は、表面を覆っているエナメル質がやわらかいため虫歯菌によって溶かされやすいと言えます。エナメル質の厚みも大人の歯の半分ほどしかないので、大人に比べて進行が早いのも子どもの虫歯の特徴です。また、子どもの虫歯は歯が表面にできることが多いので、見たときに認識しやすいという特徴もあります。

大人の虫歯の特徴

進行しても痛みを感じにくい

大人の歯が虫歯になると、歯の内部に「第二象牙質」という組織が形成されます。この第二象牙質は虫歯菌の進行を防ごうとするため、大人の虫歯は虫歯菌が神経に達するまでに時間がかかります。ある程度、虫歯が進行しても神経まで達していないため痛みが出にくく、気付きにくいというわけです。子どもの虫歯は痛みが早く出るおかげで、早期に治療に取りかかるとこができますが、大人の虫歯は自覚が遅れるため、治療に取りかかるのも遅くなりがちです。

過去の治療痕から虫歯が再発しやすい

多くの大人は、過去に虫歯治療を受けた経験があり、詰め物や被せ物を入れている人も多いと思います。詰め物や被せ物は接着剤で歯に固定しますが、この接着剤は経年とともに劣化していき、詰め物・被せ物と歯の間に隙間ができてしまいます。そうなると隙間から虫歯菌が侵入し、虫歯が再発してしまうのです。昔の治療痕から虫歯が再発しても見た目ではなかなか気付くことができず、痛みなどの症状が出るまで進行を許してしまいがちです。

歯茎が痩せて虫歯になりやすい

40~50代以上になってくると、加齢や歯周病によって歯茎が痩せて下がってくるケースが多く見受けられます。歯茎が下がると歯の根が露出してきますが、この部分には、歯茎から出ている歯冠部分にあるような強靭なエナメル質が存在しないため、虫歯になりやすい傾向にあります。

唾液が減って虫歯になりやすい

年をとったりストレスが蓄積したりすると、唾液の分泌量が減ってきます。唾液には口腔内の細菌を洗い流す役割がありますので、唾液の分泌が少なくなれば、その分、虫歯にかかるリスクは高くなります。大人の虫歯は、唾液の分泌量が減って口が渇く「ドライマウス」が原因になっているケースが少なくありません。

新宿スワン歯科・矯正歯科 院長より

大人の虫歯を防ぐには、毎日の歯磨きで予防を心がけるとともに、定期検診を受けることが何より大切です。大人になると仕事や育児などで忙しく、なかなか歯科医院に通う時間をとれないかもしれませんが、3ヶ月に1回、少なくとも半年に1回は歯医者に通って、”隠れた虫歯”がないかチェックしてもらいましょう。

次回の歯科コラムは、2月14日(火)の公開を予定しております。ぜひお楽しみに。

>> コラムトップ

予防歯科

>> カテゴリから選ぶ

  • 予防歯科
  • 矯正歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ニュース・雑学
  • 一般歯科・その他
  • 新宿スワン歯科・矯正歯科
  • 銀座スワン歯科・矯正歯科
  • ゲートタワー歯科・矯正歯科
  • ミッドランドスワン歯科・矯正歯科
  • 栄スワン歯科・矯正歯科
  • 港スワン歯科・矯正歯科
  • 白鳥スワン歯科・矯正歯科