正しい舌磨き習慣で口臭にサヨナラを!

ニュース・雑学

正しい舌磨き習慣で口臭にサヨナラを!

「舌の位置が悪いと、健康にも美容にも良くない!?」では、舌のポジションの重要性について解説しました。今回は、意外と気付かない「舌の汚れ」についてフォーカスしていきます。

一度、鏡のある場所で「べー」っと舌を出して観察してみましょう。あなたの舌は白くなっていませんか?舌が真っ白になっている方は、もしかしたら”口臭警報”が鳴っているかも!?

口臭の原因になる「舌苔」とは?

舌が白くなっているのは、舌に汚れが溜まっている証拠。舌の表面にある細かなヒダに、食べカスや剥がれ落ちた口腔粘膜などが付着して、そこに細菌が繁殖すると舌が白く苔(コケ)が生えているように見えるようになります。これが、「舌苔(ぜったい)」です。

舌苔の直接的な原因は細菌ですが、間接的には、口呼吸やドライマウス、また薬の副作用で唾液の分泌が減り、口腔内が乾燥することも影響しています。どんな人でも多少は舌苔が付着していますが、溜まり過ぎてしまうと口臭の原因になってしまうので要注意です。

舌苔は舌磨きで除去しよう!

舌苔は病的なものではないので、必ず除去しなければいけないということはありません。ただし、口臭が気になっている方は、もしかしたら舌苔が原因になっているかもしれません。舌苔を除去することで口臭の軽減が期待できますので、舌磨きを試してみてはいかがでしょうか?

舌苔を無くすのはNG!?舌磨きの正しい方法とは?

鏡を見ながら舌苔が付いている箇所を確認したうえで、舌磨きを行います。舌磨きに使う道具としては、専用の「舌ブラシ」でも、普段の歯磨きに使っている「歯ブラシ」でも構いません。ちなみに、歯磨き粉は歯を磨くためのものですから舌磨きに使う必要はありません。

舌磨きを行う際の注意点は、力を入れ過ぎないこと。口臭を気にしている人は特に、舌をゴシゴシと強い力で磨いたり、長時間磨いたり、1日に何回も磨いたりしがちですが、それはNGです。舌苔は汚れではありますが、舌を保護する役割も果たしています。そのため、舌苔を全部取り除いてしまうと、舌の粘膜が傷付いて舌がヒリヒリしたり、味覚に悪影響を及ぼしたりするおそれがあります。

舌苔の溜まりやすさは人によって異なるため、舌磨きを行うペースも変わってきますが、多くても1日1回で十分です。やさしい力で舌の表面をなぞるように磨きましょう。白くなっている部分を全部取り除く必要はなく、むしろ適度な量を残しておくことがポイントです。

銀座スワン歯科・矯正歯科 院長より

私たちの口臭の原因は舌の上にあるケースも多くあります。今回のコラムでご説明したように、舌苔は必ず取り除かなければいけないものではありませんが、口臭が気になる方は舌磨きを習慣にしてみるのがおすすめです。夜、舌磨きをして寝ると、朝、口臭が軽減されているのを実感できる人も少なくありません。

ただし、口臭の原因は様々で、「病的口臭」といって口腔内や内臓の病気が原因になっている場合もあります。舌磨きを続けても口臭が改善されない場合は、他の原因を疑ってみる必要があります。詳しくは、以下のコラムも参考にしてくださいね。

>>もしかして「口が臭い」と思われていませんか?~口臭の原因を知る~
>>口臭ケアは大人のエチケット~原因別に見る口臭対策~

次回の歯科コラムは、1月24日(火)の公開を予定しております。ぜひお楽しみに。

>> コラムトップ

予防歯科

>> カテゴリから選ぶ

  • 予防歯科
  • 矯正歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ニュース・雑学
  • 一般歯科・その他
  • 新宿スワン歯科・矯正歯科
  • 銀座スワン歯科・矯正歯科
  • ゲートタワー歯科・矯正歯科
  • ミッドランドスワン歯科・矯正歯科
  • 栄スワン歯科・矯正歯科
  • 港スワン歯科・矯正歯科
  • 白鳥スワン歯科・矯正歯科