居宅介護支援事業所様、介護施設様へのお願い

介護保険制度導入から10年以上経った今、医療・介護環境は大幅に改善しています。主治医やコメディカルとの円滑な連携を図ることで、全身疾患を持つ利用者様でも身体が不自由な利用者様でも、在宅あるいは施設で問題なく過ごせるようになってきています。

しかしながら、歯科疾患や口腔ケアに関する在宅医療・在宅介護は今一歩進んでいないのが現状。医療法人スワン会では、ご自宅や施設への訪問歯科の普及拡大により、在宅や施設にいらっしゃる利用者様への在宅医療のさらなる充実と、口腔内環境の改善ならびにQOLの向上を目指しています。

在宅・施設での歯科診療の重要性

免疫力が低いご高齢の利用者様や身体の不自由な利用者様にとって、誤嚥性肺炎は罹患リスクが高く、発症すれば重篤な状態を招く危険性があります。しかし、適切な口腔ケアや嚥下訓練などきちんとしたケアを行っていれば、未然に防ぐことができる疾患でもあります。

また、近年、歯周病によって全身疾患のリスクが高まることがあきらかになり、多臓器に悪影響を及ぼす可能性が指摘されています。

歯周病による全身疾患のリスク
糖尿病 血糖コントロールが困難になり糖尿病の悪化を招きます。
心臓病 歯周病菌が心臓の血管に入り込むことで、心筋梗塞や動脈硬化などを引き起こすことがあります。
肺炎 気管に入り込んだ歯周病菌が肺で炎症を引き起こし誤嚥性肺炎になることがあります。

利用者様の口腔内環境を守り、誤嚥性肺炎をはじめ全身疾患へのリスクを低減させるためには、疾患の早期発見・治療と、適切な口腔ケア、嚥下訓練などが重要です。

医療法人スワン会では、在宅・施設への訪問歯科を行っています。利用者様への歯科検診や疾患の治療、ブラッシング指導、口腔ケアが困難な利用者様への介助指導など、居宅介護支援事業所様、介護施設様のご要望に合わせた医療サービスをご提供しますので、ぜひ一度ご相談ください。

訪問歯科のご相談・ご依頼はこちら

ムシバにキューゴ
フリーダイヤル0120-648-295
FAX052-364-6489

FAX用往診申込票のダウンロードはこちら