親知らずの診断と抜歯

「親知らず」とは、前歯の中央から数えて8本目の歯で、20歳前後になって生えてくる歯のことです。本来奥歯として機能し正常に生えてきましたが、現代人のアゴが小さくなったことで歯の並ぶスペースが足りず、横向きに生えたり歯ぐきに埋まったままだったりしてしまうのです。

親知らずの抜歯について

親知らずは「生えてきたら必ず抜歯しなければいけない」ということではありません。痛み・炎症などのトラブルが起きておらずきちんと噛み合っている場合には、抜歯の必要はありません。抜歯の適応となるのは、歯並びに悪影響を及ぼしたり、虫歯や炎症、痛みを引き起こしていたりするケースです。

親知らずがきちんと生えてこず、歯ぐきが被っている状態。歯と歯ぐきの隙間に食べかすが詰まりやすく、炎症を引き起こして腫れや痛みが出る場合があります。
親知らずが斜めに生えてくると、隣の歯との間に食べかすが詰まりやすくブラッシングがしにくくなります。そのため、虫歯になりやすく、隣の歯にもダメージが及んでしまう場合があります。
親知らずが斜めに生えてくると、隣の歯を圧迫し歯並びや噛み合わせに悪影響を及ぼします。また、顎関節に負担がかかり、顎関節症になったり、肩こりや頭痛の原因になったりする場合があります。

スワン歯科の親知らずの治療

親知らずの種類
通常の親知らず 特に問題なくまっすぐ生えている状態のものです。痛みなど症状が無ければ良いのですが、歯磨きがしにくく虫歯になりやすいので注意が必要です。
〈埋伏歯〉
完全埋伏(智)歯 歯茎の中に親知らずが埋まっている状態です。完全に埋まっているため表立った症状は出にくいですが、歯並びの乱れや顎関節症の原因となる場合があります。
水平埋伏(智)歯 親知らずが横に倒れて歯茎の中に埋まっている状態です。骨の成長とともに、周囲の歯を圧迫し痛みが生じたり、歯並びに影響を及ぼす可能性があります。
半埋伏(智)歯 歯茎から親知らずの一部が見えている状態です。完全に埋まっている場合と比べ虫歯や歯周病になりやすく、歯並びや顎関節に影響を及ぼす場合もあります。

抜歯は少なからずとも患者様に負担をかけてしまう治療です。医療法人スワン会では「親知らず=抜く歯」とは考えず、口腔内の状態をよく診たうえで、抜歯するか否かを慎重に決定します。抜歯することになった場合には、事前に歯科用デジタルCTにて患部を撮影し、神経損傷の恐れがないか安全確認を行ったうえで手術を行います。局所麻酔を用いて痛みを抑えた治療を行いますので、痛みに不安を感じている方もご安心ください。

親知らずの治療症例
術前 術後
術前 術後

医療法人 スワン会の無痛治療への取り組み

親知らずでお困りの方は一度当院までご相談ください。 0120-143-418