手軽にできる歯を白くする方法~ホワイトニング~

術前

術後

ホワイトニングは、タバコのヤニ、お茶やコーヒー、ワインなどによる着色を漂白し、歯を白くすることができる方法です。歯を削ったり麻酔を使用することなく、歯に直接薬液を浸透させ漂白させることで、本来の歯の色よりも白くできます。

医療法人スワン会では、自宅でホワイトニングができるホームホワイトニングと、歯科医院で行うオフィスホワイトニングに対応しており、患者様のご要望に応じて最適な方法をご提案しています。
» ホワイトニングの症例はこちら

ホワイトニングの種類

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

歯科医院で行うホワイトニングです。歯に薬剤を塗って特殊な光を当てることで、歯を白くしていきます。数回の施術で効果がでるので、大切なイベントなどを控えた方におすすめです。 ご自宅で行うホワイトニングです。あらかじめ歯科医院でつくったマウスピースに薬剤を注入し、1日数時間装着することで歯を白くしていきます。個人差がありますが、約2週間で効果が現れます。
【メリット】
  • 数回の施術で効果を得られる
【メリット】
  • 白さが長持ちする
  • 自分のペースで行える
【デメリット】
  • 白戻りしやすいので定期的な施術が必要
  • 施術時にしみることがある
【デメリット】
  • 効果が現れるまでに時間がかかる

【治療の流れ】

1.歯科医師が、歯と歯肉が健康かどうか診察し、悪いところがあれば治療します。

2.歯の表面の歯石やプラークを取り除くクリーニングを行います。

3.薬剤を歯の表面に塗布します。

4.特殊な光を歯にあてていきます。

【治療の流れ】

1.歯科医師が、歯と歯肉が健康かどうか診察し、悪いところがあれば治療します。

2.歯型をとり、専用のマウスピースを作ります。

3.ホームホワイトニングの方法(施術時間、施術回数、注意事項など)をご説明します。

4.ご自宅でホームホワイトニングを実施していただきます。

5.ホームホワイトニング完了後、受診していただき、口腔内の状態をチェックします。

ホワイトニングの注意事項

  • 効果を長持ちさせるためには、定期的な施術が必要です
  • 歯質によっては効果が現れにくい場合があります
  • 一時的に歯ぐきがしみたり、痛んだりする場合があります
  • 虫歯や歯周病がある場合は、その治療が終わるまでホワイトニングを受けられません
  • このページのトップへ

クリアで健康的な歯に~歯のクリーニング~

毎日しっかりブラッシングしていても、歯と歯のすき間などに汚れが溜まり、それが虫歯や歯周病の原因になってしまうことがあります。また、汚れの蓄積により歯が黄ばんだり、口臭がでてきたりすることも。

そのような状態を改善することができるのが、「歯のクリーニング」です。医師や歯科衛生士が専用器具を使って歯に付着した歯石やプラーク、色素を丁寧に取り除きます。その後、歯の表面をゴムチップとスクラブ入りのペーストを使用して研磨し、歯の表面や歯と歯の間にプラークが付着しないようツルツルに磨きあげます。

クリーニングでは、通常の歯磨きでは除去できない虫歯菌や歯周病菌の細菌膜(バイオフィルム)を破壊することができるので、虫歯・歯周病の予防にも効果的です。

クリーニングの流れ

1.診察

お口を診察してお口の状態に合わせて施術内容を決定します。

2.スケーリング

スケーラーという専用器具を使って、歯の表面の歯石やプラークを取り除きます。

3.ルートプレーニング

歯と歯のすき間や歯の根にある歯石を取り除きます。

4.研磨

歯石を取り除いたあとの歯面はザラザラしているので、研磨剤を用いてなめらかに仕上げます。

5.チェック

口腔内の状態をチェックします。

クリーニングのメリット

明るくクリアな歯が手に入る

たばこのヤニやコーヒー・ワインの着色汚れをキレイに取り除くことで、歯の色が明るくなりキレイな歯になります。

虫歯や歯周病の予防になる

虫歯菌や歯周病菌の温床となる歯石やプラーク、細菌膜(バイオフィルム)を取り除くことで、虫歯や歯周病になりにくい口腔内環境にします。

口臭を改善できる

口臭の原因の80%は口腔内にあります。歯石やプラークを取り除くことで、口臭を防ぐことができます。

お口のなかがスッキリと気持ちよくなる

歯のクリーニングをすると歯の表面がツルツルになり、口腔内がスッキリとします。

歯のクリーニングをして、お口の中をスッキリとさせませんか?
0120-143-418