高性能コンピュータシステムCAD/CAM

高精度の技工物を作製するコンピュータシステムCAD/CAM

東京の新宿・銀座、名古屋の名古屋駅・栄・港・ミッドランドスクエア・東郷町にて7医院を構える医療法人スワン会(スワン歯科)では、患者様のお口にぴったりフィットする高精度の技工物を作製するために、CAD/CAMと呼ばれる高性能コンピュータシステムを導入しています。これにより、見た目も機能も天然歯と遜色のない技工物へ仕上げることが可能になりました。

CAD/CAMを用いた3つの歯科技工システム

CEREC3

最短1日!高精度のセラミック技工物をご提供

「CEREC3」は、セラミック製の被せ物を作製できる最先端のシステムです。患者様の患部を3D光学カメラで撮影し、スキャンしたそのデータをもとに高性能コンピュータシステムで設計から加工までを行います。これにより、わずか15分ほどでセラミック製の被せ物を作製することができます。

CEREC3では天然歯と変わりない色調を出せるセラミックブロックを使用するため、仕上がりが美しく自然です。また、コンピュータによる精密な設計・加工によって、お口にぴったりの技工物をつくることができます。現在、世界で1万人を超える歯科医師がCERECを使用し、20秒に1個の歯科技工物がつくられているとされるほど実績のあるシステムです。

CEREC 3のメリット
圧倒的に早い治療時間 メタルフリーで体にやさしい 精度と審美性の高さ
詰め物や被せ物をその場で設計・加工するので、即日で治療が完了します。歯型採取や仮歯が不要です。
※通院日数や治療回数は症例により異なります
金属を使用しないメタルフリーの治療なので、金属アレルギーがある方も安心です。セラミックは耐久性にも優れており、とても丈夫です。 高性能コンピュータによる精密な被せ物の作製が可能です。また天然歯によく似た透明感・色調で変色もなく、審美性の高さもメリットです。
e-max

美しくて割れにくいジルコニアと並ぶ

次世代の100%セラミック技工物

ジルコニアよりも新しい素材「二ケイ酸リチウムガラス」を用いて技工物(インレー・クラウン)をつくるCAD/CAMシステムが「e-max」です。美しい見た目と高い強度を備えた技工物をご提供することができます。

患者様の患部のデータをもとに設計し、精度が高いプレス法(e-maxを加熱融解し、圧迫鋳造する方法)を用いて作製します。これにより、樹脂などがまったく混ざっていない100%セラミックの質の高い技工物をつくることが可能。美しく自然で、しっかり噛めて割れにくいのが特徴です。

e-maxのメリット
  • 他の歯に合わせて調色でき、仕上がりがとても自然
  • 歯とぴったり接着するので割れにくい
  • 治療期間が短い
プロセラ

緻密な設計による

高精度のジルコニア技工物をご提供

プロセラは、CAD/CAMを駆使してジルコニアの技工物を作製するシステムです。先進的な企業のひとつであるノーベルバイオケア社が開発し、これまでに世界で800万人以上に用いられてきた実績があります。専用のスキャナーで患部のデータを読み取り、そこから緻密に設計するため、仕上がりに違和感が出ることがほとんどありません。

ジルコニアはオールセラミックの一種であるため金属アレルギーの心配がなく、長く自然な白さを保つことができます。また、優れた強度を持つため硬い物でもしっかり噛むことができます。

プロセラのメリット
  • お口にぴったりのジルコニアの技工物をつくることができる
  • 天然歯と変わりない自然な色調と透明度の仕上がりになる
  • 高い強度を備えているので長持ちする

技工物作製(CAD/CAM)の流れ

STEP 01患部の撮影

3D光学カメラで患部を撮影します。症例によっては、従来のように型採りが必要な場合もあります

STEP 02設計

3D光学カメラで患部を撮影します。症例によっては、従来のように型採りが必要な場合もあります。

STEP 03加工・作製

設計したデータをもとに、ミリングマシンと呼ばれる機械でセラミックブロックを削り出します。その後、歯科技工士が微細な調整をします。

STEP 04装着

完成した歯科技工物を口腔内へ装着し、微調整を加えて治療完了です。

セラミックの治療をご希望の方はこちらよりお問い合わせください。
0120-143-418