安定期に入ったら歯科検診へ行きましょう

妊娠中の女性のお口のなかは細菌が繁殖しやすく、虫歯や歯周病などになりやすい状態です。

だ液の性質変化 だ液の性質が変化して口腔内がねばねばした状態になり細菌が繁殖し、虫歯や歯周病になりやすくなる。
血中ホルモンの増加 女性ホルモンの血中濃度が高まることで、女性ホルモンを利用して増える歯周病の原因菌が増殖し、歯肉の炎症が起きやすくなる。
つわり つわりなどによりブラッシングをおろそかになり歯石・プラークが付着し、虫歯や歯周病になりやすくなる。
食欲亢進 妊娠中は飲食の回数が増え、口の中が汚れやすくなる。

妊娠中は口腔内環境が悪化しやすく、虫歯や歯周病にかかるリスクが高まることを理解し、歯科検診で病気の有無をチェックしたり、歯のクリーニングを受けたりしましょう。また、つわりなどでブラッシングができない場合には、とりあえず口をゆすいでおいてつわりが軽減したときにしっかり磨くようにしましょう。歯磨き粉のにおいが気持ち悪くなるようなら、無理に使用しなくても結構です。

妊娠性歯周炎の危険性

歯科疾患のなかで妊娠中に特に注意したいのが「妊娠性歯周炎」です。これは、歯周病の原因菌が繁殖しやすい口腔内であることから発症しやすく、悪化すると歯を失ってしまう恐れもある怖い病気です。

また、歯周病菌のなかには早産や低体重児出産を引き起こす物質が存在するため、お母さんが歯周病にかかっていると、胎児の低体重、早産の確率が高まることがわかっています。

胎児の低体重、早産のリスク

歯周病菌の出す毒素や炎症を引き起こす物質が血液中に入り、血液を介して胎盤を刺激すると胎児の成長に影響を与え子宮の収縮を促すなどして、低体重児出産(2500g未満)や早産(37週未満)のリスクが高まることがわかっています。母親が進行した歯周病にかかっている場合、低体重児を出産する率が7倍以上になるともいわれています。

安全にお産するためにも、お母さん自身の口腔内環境を健康に保ち、歯周病の発生・悪化を防ぐ必要があります。毎日のブラッシングをできるだけ行うとともに、安定期に入ったら一度歯科検診を受けましょう。

赤ちゃんを虫歯から守ろう

生まれたばかりの赤ちゃんの口腔内には、虫歯菌は存在しません。食べ物をあらかじめ噛んで子供に与える「噛み与え」やスプーンやお箸の共用によって、赤ちゃんへ虫歯菌が感染してしまっているのです。噛み与えやスプーン・お箸の共有をなくすことも大事ですが、お母さん自身が口腔内をキレイに保ち虫歯菌を減らすことで、赤ちゃんに感染する確率を減らすことができます。

妊婦歯科検診のススメ

いつ行けばいい?

安定期に入った16~27週の体調が良い日に受けることをおすすめします。つわりが終わり体調が良いようなら早めに受診してもかまいません。痛みなどの症状がある場合には早めに診てもらいましょう。その際には、妊娠中であることを必ず伝えるようにしましょう。

どこで受ければいい?

多くの自治体で、妊娠期間中に1回の無料検診を受けることができます。母子手帳に掲載されている医療機関であれば、歯科検診の費用は無料になりますので、母子手帳を見て掲載されている最寄りの医療機関に連絡してみましょう。