裏側矯正(舌側矯正)について

人前に立つ場面や写真撮影でも見た目が気にならない矯正治療

「矯正治療は受けたいけど、装置を付けたときの見た目に抵抗が……」という方には、歯列の手前側ではなく奥側に装置を付ける裏側矯正(舌側矯正・リンガル矯正ともいいます)がおすすめです。東京と名古屋で7医院を運営する医療法人スワン会(スワン歯科)は矯正治療を得意としており、裏側矯正においても数多くの実績があります。無料相談も承っておりますので、どんなことでもお気軽にご質問ください。

裏側矯正(舌側矯正)のメリット

他人の視線が
気にならない
矯正装置を付けたときの見た目が気になる方、できるだけ人に知られずに矯正治療を受けたい方の多くに選ばれているのが、裏側矯正です。歯列の外側から矯正装置が見えないので、お仕事で人前に立つ場面や写真撮影の場面などでも見た目が気になりません。
虫歯になりにくい 歯の裏側は表面のエナメル質が表側よりも厚く、細菌がつくり出す酸に強いという特徴があります。また、裏側は表側とは異なり絶えず唾液に触れています。唾液には自浄作用があるので矯正装置を装着していても歯垢(プラーク)が付着しにくく、表側矯正よりも虫歯のトラブルを招きにくいという特徴があります。
「歯列の後戻り」
のリスクを減らせる
歯列は、頬や唇などの筋肉が歯を押す「内側への力」と舌が歯を押す「外側への力」がつり合うところで並んでいます。「舌で歯を押すクセ」によって歯列が乱れるのはこのためです。裏側矯正中はこの舌で歯を押すクセを抑えられるので、治療した歯列が後戻りしてしまうリスクを大幅に減らせます。

裏側矯正(舌側矯正)と表側矯正の違い

裏側矯正(舌側矯正)と表側矯正の違いを表にまとめました。表側矯正は、一般的なメタルブラケット装置を使用した場合を想定しています。詳しくは以下をご覧ください。

  表側矯正 裏側矯正(舌側矯正)
見た目 銀色の装置は、お口を開けるととても目立ちます。透明のブラケットなどを使用することで、「目立ちやすさ」は解消されます。 歯列に装置が隠れて表側からはほとんど見えないので、見た目を気にせず矯正治療に取り組めます。
発音 問題ありません。はじめは多少の違和感を覚えますが、すぐに慣れるケースがほとんどです。 表側矯正よりも違和感が出るという意見が多いようですが、すぐに慣れます。最近は装置が小型化し、違和感が出にくくなっています。
口内炎 装置が粘膜にあたって傷付き、口内炎ができやすくなります。口内炎ができやすい場合は、緩衝材としてワックスなどを使用します。 装置が舌にあたって舌に跡が付くことがあります。表側矯正と同じように、緩衝材としてワックスなどを使用する場合があります。
食事 装置を付けた当初は、硬い物に対して食べにくさを感じることがあります。多くの場合、1ヶ月程度で慣れるようです。 表側矯正よりも食べにくさを感じるケースが多いかもしれませんが、装置の小型化によって快適な食事ができるようになっています。
治療期間 歯並びの状態によって、表側矯正のほうが早い場合と裏側矯正の装置のほうが早い場合があります。一般的に、治療期間に差はあまりないと考えてよいでしょう。もちろん、治療の仕上がりについても差はほとんどありません。
治療費 詳しくは、矯正歯科治療費のページでご確認ください。 材料費や処置内容の違いから、一般的に表側矯正よりも裏側矯正のほうが費用はかかります。

誰にも気付かれずに治療したいという方へ
マウスピース型矯正「インビザライン」という選択肢料