矯正歯科治療の流れ

カウンセリングからはじまる矯正治療のステップ

歯列矯正は初診相談(カウンセリング)からはじまり、検査・診断などを経て治療へと至るまでにいくつかのステップが必要になります。また、歯並びが整って矯正装置を取り外した後も、歯列の後戻りを防止する保定期間を設ける必要があります。まずは、本ページで矯正治療がどんな流れで進んでいくのかをご紹介します。

東京・名古屋にて7医院を運営するスワン会(スワン歯科)は、矯正治療(歯列矯正)を得意とする医療法人です。矯正治療前はもちろん、矯正中・矯正後も不安なことなどがございましたら遠慮なくご相談ください。

矯正歯科治療の流れ(ブラケットを使用する場合)

STEP 01初診相談(カウンセリング)

患者様のお悩みやご希望をうかがい、歯並びや噛み合わせの状態をチェックします。その後、治療の必要性や適切な開始時期、矯正装置、治療期間および費用などについて丁寧にご説明します。治療について気になることがありましたら、どんなことでもおっしゃってください。なお、高校生以下の方は保護者の方と一緒にご来院ください。

STEP 02精密検査&診断

口腔内写真撮影やレントゲン撮影、お口の型採りなどを行って、歯や顎の骨の状態を精密に調べます。矯正治療に必要な情報を収集したら、それをもとにコンピュータで分析・診断を実施。歯並びの異常の原因を解明するとともに、治療後の状態を予測します。また、各種検査にて虫歯や歯周病などが見つかった場合は、そちらの治療を優先します。

STEP 03治療のご説明・決定

精密検査の結果・診断をもとに、治療計画を立案します。その上で、患者様に検査結果・診断内容をお伝えし、考えられる最良の治療の選択肢をわかりやすく噛み砕いてご説明します。それぞれの治療の期間やメリット・デメリット、費用について詳しくご説明しますので、患者様ご自身でじっくり考え決定していただくことができます。

STEP 04治療開始の準備

矯正装置を装着する前に口腔内を清掃し、口腔内全体を清潔に保ちます。また、装置の装着後はブラッシングがしにくくなり、虫歯になるリスクが高まりますので、ご自宅などで実践していただける効果的なブラッシング方法を指導します。

STEP 05矯正装置の装着

ブラケットという小さな器具を歯の表面に装着します。ブラケットを連結させたワイヤーの引っ張る力でゆっくりと歯を誘導し、最適な位置へと動かしていきます。

STEP 06矯正治療中

矯正装置を付けている間は、通常1ヶ月に1回のペースで通院していただきます。お口の状態に合わせてワイヤーの交換や装置の調節をしていくためです。治療期間はお口の状態や治療方法などによって異なりますが、スワン歯科ではスピーディーな矯正治療を心がけており、一般的な症例であれば1年半~2年で治療できます。

STEP 07矯正装置の取り外し・保定

治療期間を終えたら装置を取り外します。装置を外したばかりの歯は治療前の位置に戻ろうとするため、取り外し可能な装置(保定装置)を付けて整った歯並びを定着させます。半年くらいは1日中保定装置を装着していただき、その後は睡眠時だけ装着していただきます。保定期間は最低1年です。3~4ヶ月に1度ご来院いただき、噛み合わせのチェックと虫歯・歯周病の予防処置を行います。

STEP 08保定完了・メンテナンス

保定期間が終了したら、矯正治療は完了です。治療完了後も噛み合わせのチェックや虫歯・歯周病予防を行いますので、半年~1年に一度は定期検診を受けるようにしましょう。

治療に関するご相談はこちらよりお気軽にどうぞ