八重歯は可愛い?矯正したほうがいい!?

八重歯は可愛い?矯正したほうがいい!?

みなさんは「八重歯」にどんなイメージを持っていますか?武井咲さんや板野友美さんなど、八重歯がトレードマークの有名人も多いことから、特に、若い女性は八重歯に「可愛い」というイメージを持っているかもしれません。

しかし、人によって八重歯に対する印象は大きく異なります。自分では可愛いつもりのその八重歯が、実は周囲の人にあまり良い印象を与えていなかった、なんてことも……。子どものころはチャームポイントとして可愛がられることも多い八重歯ですが、大人になっても同じように可愛がってもらえるでしょうか?

今回は、八重歯のデメリットや、周囲からの印象について解説していきましょう。

そもそも、八重歯とは?

八重歯とは、不正歯列(乱れた歯並び)の一種で、歯列からズレて生え、他の歯と重なってしまっている歯のことを指します。犬歯(糸切り歯)と呼ばれる尖った歯が八重歯になることが多いため、犬歯そのものと混同されがちですが、「犬歯=八重歯」ではないということは知っておきましょう。どの歯でも、正常な位置から飛び出して生えていれば八重歯なのです。

八重歯のデメリット

八重歯は他の歯と重なって生えているため、正常な歯並びに比べると歯磨きの際の磨き残しが多くなりがち。残った汚れは、虫歯・歯周病や口臭を招く原因になります。また、噛み合わせの悪さから顎関節症を引き起こす、飛び出した歯で口の中を傷つけやすい、などのデメリットも挙げられます。ちなみに、私たちの犬歯には、他の歯にかかる負担を軽減する役割があるのですが、犬歯が八重歯になってしまうと、その機能が半減してしまいます。そのため、他の歯に負担がかかり、知覚過敏を引き起こすリスクもあります。

八重歯はどう思われている?

欧米ではドラキュラや魔女を連想させるなどとされ、忌み嫌われている八重歯。八重歯があるだけで悪い印象を持たれたり、就職試験で不利になったりすることがあるようです。将来、海外で活躍したいという方は、美の世界基準も意識しておいたほうが良いかもしれませんね。

一方、日本では昔から八重歯のアイドルが数多く存在するなど、女性のチャームポイントの一つと考えられていました。しかし、ある調査によると、年齢が上がるごとに「八重歯が似合う」と思われる割合は大きく減少することが判明。欧米に比べて八重歯が好意的に受け取られやすい日本でも、多くの人が「八重歯が可愛いのは若いうちだけ」と考えていることが分かりました。

八重歯を治すには?

八重歯の原因は様々ですが、遺伝的に顎のサイズが小さく、歯が並びきらないことで八重歯になる人は多く見受けられます。その場合に有効なのが、「矯正治療」です。矯正治療は、歯にワイヤーを装着するものやマウスピースを使うものなど様々な方法があります。ちなみに以下は、マウスピース矯正(インビザライン)で八重歯を改善した症例です。

Before After
Before After

参照:すわこのブログ(http://ameblo.jp/swan-kyousei/entry-11985593276.html)

BeforeとAfter、どちらがきれいかは一目瞭然ではないでしょうか。

新宿スワン歯科・矯正歯科 院長より

日本では、「八重歯は可愛い」と言われることもありますが、見る人の価値観によってはマイナスの印象になることもあります。見た目のほかにも、上述したような様々なデメリットがあり、特に「歯磨きしにくい=虫歯になりやすい」という問題は厄介です。今、八重歯でお悩みの方や、お子さんの八重歯が気になっている親御さんは、将来のお口の健康のためにも矯正治療を検討してみてはいかがでしょうか。

次回の歯科コラムは、1月31日(火)の公開を予定しております。ぜひお楽しみに。

>> コラムトップ

予防歯科

>> カテゴリから選ぶ

  • 予防歯科
  • 矯正歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ニュース・雑学
  • 一般歯科・その他
  • 新宿スワン歯科・矯正歯科
  • 銀座スワン歯科・矯正歯科
  • ステーション歯科・矯正歯科
  • ミッドランドスワン歯科・矯正歯科
  • 栄スワン歯科・矯正歯科
  • 港スワン歯科・矯正歯科
  • 白鳥スワン歯科・矯正歯科