小児矯正

ずっときれいな歯並びでいてほしいから

できるだけ早めに初診にお越しください

たくさんのメリットがある「きれいな歯並び」は、お子様にとって生涯の財産になります。そして、お子様のきれいな歯並びをつくってあげることは、親御様と私たち歯科医院の大切な役割です。大人になってからの矯正治療を受けるとなると、抜歯が必要になるケースも出てきます。その点、子供のうちは顎の骨が成長過程にあるため、歯を抜かずに矯正できる可能性が高くなります。

初診は「できるだけ早めが良い」理由

無料相談などでは親御様から「いつ子供の矯正をはじめればいいの?」といったご質問をよくいただくのですが、医療法人スワン会(スワン歯科)では「できるだけ早めが良い」とお答えしています。

矯正治療に適した時期は、一人ひとりのお子様の歯の成長度合いによって異なります。ですから、お子様の歯の状態を診断することなく、「いつ矯正をはじめるべき」という明確な答えをお伝えすることはできません。小さいうちに初診にお越しいただければ、歯の成長スピードや歯並びの状態を把握できるため、最適な治療開始時期を見極めやすくなります。

東京・名古屋で7医院を構える医療法人スワン会(スワン歯科)は、小児矯正治療においても豊富な実績を有しています。東京・名古屋の7院すべてで無料相談・カウンセリングを承っておりますので、お子様の歯並びに不安がある親御様はお近くのスワン歯科までご相談ください。

最適なタイミングで治療するメリット
  • 歯に負担をかけることなく、理想的な歯並びをつくることができる
  • 歯をスムーズに移動できるので、短期間の治療で済む
  • 治療が短期間で住むので、治療にかかる費用が少なくなる

歯並び・噛み合わせの乱れを放っておくと……

適切なタイミングで治療ができないと、時間も費用もかかり、治療がスムーズにいかない場合があります。また、歯並びや噛み合わせの乱れをそのままにしていると、以下のような悪影響が出ることも……。お子様の歯の健康を考えるなら、早めに初診にお越しいただくのが理想です。

虫歯・歯周病 歯並びがデコボコしていたり歯が重なったりしていると、丁寧にブラッシングしても汚れが残りやすくなり、虫歯や歯周病になるリスクが高まります。
肩こり・腰痛・顎関節症 噛み合わせは全身のバランスにも影響します。噛み合わせが悪いと、それが原因で肩こりや腰痛、顎関節症(がくかんせつしょう)などを引き起こす場合があります。
コンプレックス 口元は顔の印象を左右するポイントなので、歯並びが悪いと見た目が美しくありません。歯並びの悪さがコンプレックスとなって、自分に自信が持てなくなってしまうお子様もいます。

» 3歳児健診で「受け口(反対咬合)」と指摘された方はこちら

お子様の歯は大丈夫ですか?

以下のような症状やクセがあると、歯並びが乱れていたり噛み合わせが悪かったりすることがあります。矯正治療が必要となる場合がありますので、早めに診察を受けるようにしましょう。

  • 口呼吸している
  • いつも口を開けている
  • 指しゃぶりの癖がある
  • 前歯が重なっている
  • 顎を動かすと「コリッ」「ジャリ」といった音がする
  • 前歯が前に突き出ている(出っ歯)
  • 上の前歯よりも下の歯が前に出ている(受け口)
  • 噛み合わせが悪い
  • 上と下の前歯に隙間がある

「うちの子の歯並びは大丈夫?」「指しゃぶりのクセが直らないけどどうしよう」など、お子様の歯並びについて心配される親御様はたくさんいらっしゃいます。

東京・名古屋のスワン歯科では、そんな親御様に気軽にご相談いただけるよう無料のメール相談を承っています。歯並びや噛み合わせに関するご質問やご相談をいただければ、矯正担当医が丁寧にお答えいたします。お気軽にご利用ください。

無料メール相談はこちらから