最新設備・チーム医療体制

確かなインプラント治療を可能にする高性能設備とチーム体制

東京・名古屋の医療法人スワン会(スワン歯科)では、安全・確実なインプラント治療を実現するために高性能の設備を整えています。近年、インプラント治療に用いる設備・機器は飛躍的な進化を遂げていますが、各院では術者の技術研鑽はもちろんのこと、患者様にメリットがあると判断した設備・機器は積極的に導入し、治療の安全性・精度を高めています。

誰もが安心して治療を受けられる環境を整え、ドクターと衛生士がチームになって一人ひとりの患者様と向き合うのが、スワン歯科のインプラント治療です。
※医院によって設備機器の導入状況は異なります

  • 歯科用デジタルCT
  • サージカルガイド
  • プロセラ
  • オペルーム
  • 器具洗浄機「+αWasher Disinfector」

スワン歯科の5つの最新設備

歯科用デジタルCT

従来のレントゲン(2次元画像)では把握できない顎の骨の厚みや神経・血管の位置、歯周病の状態といった詳細な情報を確認できるため、治療計画の精度が高まり、より安全で正確なインプラント治療につながります。撮影されたCT画像データ(3次元画像)は、コンピュータを用いて術前の診査・診断ならびに治療計画立案に活用します。

サージカルガイド(ノーベルガイド)

サージカルガイドとは、マウスピースのような形をしたガイド装置のことです。インプラントを顎の骨に埋入する際に、サージカルガイドを歯に装着することでより正確な位置にインプラントを埋入することができ、骨切削時の不具合が最小限に抑えられます。また、サージカルガイドを使用することによって、多くの症例で歯肉の切開や剥離を行わないフラップレス手術を採用することができます。

プロセラ

緻密な設計による高精度のジルコニア技工物

インプラントの上部に被せるジルコニア素材の被せ物を作製する際に、「プロセラ」というCAD/CAMシステムを採用しています。専用のスキャナーで患者様の患部データを読み取り、コンピュータ上で緻密に設計するため、仕上がりに違和感が出ることがほとんどありません。

ジルコニアはオールセラミックの一種であるため金属アレルギーの心配がなく、長きにわたって自然な白さを保つことができます。優れた強度を持つため、硬い物でもしっかり噛むことができます。

プロセラのメリット
  • お口にぴったりのジルコニア技工物を作ることができる
  • ご自身の歯と変わりない自然な色調と透明度の仕上がりになる
  • 高い強度を備えているので長持ちする

左右両方の技工物とも内側から光を当てていますが、ジルコニア素材の右側だけが光を通しています。これが、自然な白さの理由です。

清潔なオペルーム

患者様に安全な治療を受けていただくために最新設備を導入し、手術環境を万全に整えています。インプラント手術は極めてクリーンな状態に保たれた専用オペルームで行い、術中の細菌感染リスクを防いでいます。また、当たり前のことではありますが、使用する手術用具・器具は徹底的に滅菌処理を行い、完全無菌状態で真空パックされているものを使用しています。

なお、東京・名古屋のスワン歯科では7院すべてで共通の「感染対策システム」を構築し、システマティックに衛生環境の維持・向上を図っています。

院内感染予防の取り組み

手術中の安全管理

外科手術でも用いられている無影灯や専用のモニターも、患者様の安全に配慮した設備です。安心して治療に臨んでいただくために、最高の環境を整えております。

手術用の無影灯

手術用の無影灯

口腔内の深部まで光が届き、手などによる影ができない照明装置です。繊細さと正確さが求められるインプラント治療には不可欠です。

手術用生体モニター

手術用生体モニター

術中の心電図、最高血圧、最低血圧、平均血圧、脈拍、RPP(心筋酸素消費量)、パルスオキシメータ(動脈血酸素飽和度)を同時にモニタリングできる生体モニターです。貧血から重篤な症状まで早期に発見できるので、全身管理に大変役立ちます。

笑気麻酔

笑気麻酔

ほんのり甘い香りがする笑気ガスを鼻から吸入する麻酔方法です。意識はありますがリラックスした状態で治療を受けていただくことができ、不快な痛みや音がほとんど気になりません。うとうとしている状態ですが、吸入を止めればすぐに覚醒した状態に戻ります。治療への恐怖心や不安が強い方に採用しています。

酸素吸入

スワン歯科では、手術用生体モニターで呼吸状態をモニタリングするとともに、酸素ボンベを常備して術中に経鼻より酸素吸入を行っています。安定した呼吸状態のなかで手術をお受けいただけるよう、安全管理体制を整えています。
器具洗浄機「+α Washer Disinfector」

「+α Washer Disinfector」は、、治療で使用した器具を93℃という高温の温水と強アルカリの専用液体洗剤で強力洗浄し、血液などのタンパク汚れを除去する機械です。こちらを使って洗浄した後、オートクレーブで滅菌します。

日本の歯科医院では器具洗浄機の普及率は1%以下といわれていますが、スワン歯科では院内感染による患者様へのリスクを最小限に抑えるために、洗浄機による器具の消毒・洗浄を徹底しています。

スワン歯科のチーム医療体制

東京・名古屋に7医院を有する医療法人スワン会では、歯科医師と歯科衛生士がひとつのチームを組んでインプラント治療を行っています。チーム内の全スタッフが患者様の口腔内の状態や治療方針について共有し、術中から手術後のメンテナンスに至るまで責任を持って一貫対応します。チーム内の同じスタッフが同じ患者様を担当することで、ささいな変化も見逃さずに対処することができるのです。

チーム医療で連携をとることで、より高精度の歯科医療をご提供します。

当院がインプラント失敗しない10の根拠をお教えします。