難症例にも対応できる先端医療技術

インプラント治療は、歯を失ってしまった部分の顎の骨にインプラント(人工歯根)を埋め込む手術を行います。そのため、土台となる顎の骨の状態は非常に重要なポイントになります。インプラントを埋め込む場所の骨が足りない場合は、「インプラント治療はできない」と診断されるケースもあります。

長期間、入れ歯やブリッジを使っていると、噛む力が十分に顎の骨に伝わらないため次第に骨が痩せていきます。また、歯周病が進行すると顎の骨が溶かされていきますし、老化によっても顎の骨は薄くなっていきます。こういった状態だと、インプラントを埋入できないか、埋入できたとしても安定させることができず、すぐに抜け落ちてしまうのです。

しかし近年では、顎の骨が少ないケースでもインプラントを埋入できるようにする技術・術式が開発されています。スワン歯科でも様々な新技術を導入していますので、他院で「インプラントができない」と言われた方も、お気軽にご相談ください。また、すでに他院に通っている方への「セカンドオピニオン」も承っております。「別の先生の意見も聞いてみたい・・・」「今の治療が正しいのか不安・・・」という方も、遠慮なくご相談くださいませ。

難症例にも対応できるスワン歯科の技術力

医療法人スワン会では、難症例のインプラント治療にも対応しています。骨の量が足りない場合には、骨の量を増やす・補う「サイナスリフト」「GBR」といった特殊な技術を用いて手術を行っています。アゴの骨が足りない・少ないという理由で、他院でインプラント治療を断られた患者様も、当院ではインプラント治療を成功させていますのでぜひご相談ください。

  • GBR
  • ソケットリフト
  • サイナスリフト
  • All-on-4
  • オーバーデンチャ―
GBR

アゴの骨が不足している部分に特殊な膜を使って骨をつくるスペースを確保し、そこに骨のもとになる物質を詰めて、骨の再生を促す治療法です。インプラントを埋入するのに十分な骨の厚み・幅がない場合に用いられます。インプラント手術前に実施するケースもあれば、手術と同時に行うケースもあり、患者様の状態によって変わります。


アゴの骨が不足している部分に粉砕した自分の骨もしくは骨補填材を入れ、その上にメンブレンという人工膜を置きます。

メンブレンという膜で覆うことで、歯周組織が骨の再生促進を邪魔するのを防ぎます。メンブレンには吸収性のものと非吸収性のものがあり、再生したい骨の量が少ない場合は吸収性のものを使用し、骨の量が多い場合は非吸収性のものを使用します。なお、個人差はありますが、4~6ヶ月でアゴの骨が再生されます。

ソケットリフト

一般的に、下アゴのインプラントよりも上アゴのインプラントのほうが治療は難しくなります。ソケットリフトは、上アゴの骨が足りない場合に行う治療です。

上アゴの骨の上部には、上顎洞という鼻腔につながる空洞があります。アゴの骨の厚みが少ない状態でインプラントを埋入すると、インプラントはアゴの骨を突き抜けて上顎洞に達してしまいます。その場合、上顎洞は空洞ですのでインプラントはグラグラと安定せず、抜け落ちてしまうのです。

この問題を解消することができるのが「ソケットリフト」です。

インプラントを埋入する部分(歯が抜けた部分)から上顎洞とアゴの骨の間に、骨のもとになる物質を注入して、アゴの骨の粘膜(シュナイダー膜)を押し上げていきます。押し上げられた上顎洞の粘膜とアゴの骨の間に詰まった骨のもとになる物質で、骨の厚みを増します。骨のもとになる物質が固まるのを待ってからインプラントを埋入します。

※この治療は、4mm以上の骨の厚みがある場合に行われ、骨の厚みがそれ以下の場合はサイナスリフトが採用されます。

サイナスリフト(上顎洞底挙上術)

一般的に、下アゴのインプラントよりも上アゴのインプラントのほうが治療は難しくなります。サイナスリフトは、ソケットリフト同様、上アゴの骨が足りない場合に骨の厚みを増すために行う治療です。サイナスリフトは、骨の厚みが極端に少なく、上顎洞と上アゴの骨との距離が狭い場合に採用されます。

アゴの骨に密着している上顎洞の粘膜(シュナイダー膜)をはがして持ち上げ、アゴの骨との間に隙間をつくります。その隙間に自分の骨もしくは骨補填材(人工骨のもととなる物質)を注入して固まるのを待ちます。半年ほど経過して骨ができて厚みが十分になってから、インプラントを埋入します。

歯が揃っているときの上アゴの骨

歯がなくなるとアゴの骨の吸収が進行します。図のように上顎洞の拡大が進行する可能性もあり、アゴの骨はさらに薄くなります。

アゴの骨の厚みがなくなると、図のように必要なインプラントが埋入できなくなります。

アゴの骨の薄い部分の上顎洞底部に移植骨や骨補填材を填入します。このとき、インプラントを同時に埋入する場合と、骨の造成を待ってから埋入する場合があります。骨があまりにも薄い場合は、インプラントが固定できないため後者を選択します。

インプラントがしっかりと固定されたら、人工歯(上部構造)を装着します

All-on-4/All-on-6

アゴの骨が足りず、複数あるいはすべての歯が失った場合に行う治療法です。片アゴに付き4~6本のインプラントを前歯と奥歯の部分から斜めに埋め込み、インプラントを支えにして固定式の入れ歯を留めます。斜めに埋め込むことで、ソケットリフトなどを行わなくても治療が可能になります。

All-On-4/All-on-6のメリット

1.肉体的、精神的負担が大きい骨移殖などの処置を必要としない。
2.総入れ歯とは違って外れる心配もなく、ご自分の歯と変わらない機能を取り戻すことができる。
3.治療期間が短い。
4.失ったすべての歯の部分にインプラントを埋め込むよりも治療費が安価で済む。

オーバーデンチャー

アゴの骨が足りず、複数本あるいはすべての歯が足りない場合に行う治療法です。アゴの骨が十分にある部分に2本から4本のインプラントを埋め込み、入れ歯を支える留め金を付けて入れ歯を安定させます。

他院で断られても当院ならインプラントをできる可能性があります。一度ご相談ください。 0120-143-418