歯を失ったままにしている・・・

噛み合わせ、歯並び・・・ そして、全身への影響も

人の歯は、上下合わせて28本、親知らずを含めると全部で32本あります。正面から見て順に「前歯」「小臼歯」「大臼歯」と呼ばれ、それぞれ上下の歯がバランス良く噛み合うようになっています。また、上下の歯だけでなく、舌、顎関節、噛むための筋肉、そしてすべての歯牙が機能を果たし、お口と体のバランスを保っているのです。

虫歯や歯周病、事故などで歯を失ってしまった方のなかには、「1本くらい歯がなくても大丈夫」「目立たない場所だからそのままでいい」「歯医者に行きたくない」といった理由で、歯が抜けたままにしている方もいます。確かに、今は大丈夫かもしれません。ですが、歯を失ったまま放置していると、将来的に様々なトラブルに見舞われるのは明らかです。「あのとき、治療を受けていれば良かった・・・」とならないよう、歯を失ってしまったら、できるだけ早めに歯科医院に相談するようにしましょう。

歯の喪失とバランスの崩壊

このバランスの崩壊は、たった1本の歯を失うことからはじまります。ほとんどの方が大臼歯と呼ばれる奥歯から失っていきますが、歯がない状態のまま放置していると、その隙間を埋めるかのように隣の歯が傾いてきたり、直接噛み合っていた歯が伸びてきたりします。

【隣の歯が傾く】

隣の歯が傾く

【噛み合う歯が伸びてくる】

噛み合う歯が伸びてくる

さらに放置し続けると……

さらに放置し続けると……

噛み合わせの負担を受けた周りの歯が影響を受け、最終的には前歯に負担がかかっていきます。そして、年々歯を失っていき噛む能力がなくなると、体にも影響が現れます。咀嚼できないことによる胃腸への負担や、脳への血流不足による思考能力の低下などが代表的な症状ですが、アルツハイマーの原因のひとつとも言われています。

【様々な体への影響】

  • 歯の噛み合わせが悪くなることで、歯並びに影響が出る
  • 歯を支えていた顎の骨に圧力がかからなくなるため、骨が痩せる
  • しっかりと噛めないため、消化器官に負担がかかる
  • 発音しづらくなる
  • 顔の輪郭が変化する
  • シワやたるみが増える などが考えられます。

「1本の歯の喪失が、ゆくゆくは全身の健康に影響を及ぼす」

これが現実です。たった1本と安易に考えずに、できるだけ早い段階で歯科医院で治療を受けることが大切です。まずはお電話もしくはメールフォームからご相談ください。

無料相談メールはこちらをクリック!