歯を失ったまま放置していると

歯を失ったままにしている……という方は要注意

歯の喪失は、噛み合わせ、歯並び、そして全身にも影響が……

人の歯(永久歯)は上下合わせて28本、親知らず4本を含めると、全部で32本あります。正面から見て順に「前歯」「小臼歯」「大臼歯」と呼ばれ、それぞれ上下の歯がバランス良く噛み合うようになっています。また、上下の歯だけでなく、舌や顎関節、筋肉などが適切な機能を果たし、お口と体のバランスを保っているのです。

虫歯や歯周病、事故などで歯を失ってしまった方のなかには、「1本くらい歯がなくても大丈夫」「目立たない場所だからそのままでいい」「歯医者に行きたくない」といった理由で、歯が抜けた状態のままのケースも散見されます。ですが、歯を失ったまま放置していると、将来的にさまざまなトラブルに見舞われるリスクがあります。「あのとき治療を受けていれば良かった」とならないよう、歯を失ったらできるだけ早めに歯科医院に相談するようにしましょう。

歯の喪失とバランスの崩壊

「歯や舌、顎関節、筋肉などが適切な機能を果たし、お口と体のバランスが保たれている状態」は、たった1本の歯を失うだけで簡単に崩壊してしまいます。ほとんどの方が大臼歯と呼ばれる奥歯から歯を失っていく傾向にありますが、歯がない状態を放置していると、その隙間を埋めるのように隣の歯が傾いてきたり、直接噛み合っていた歯が伸びてきたりします。

【隣の歯が傾く】

隣の歯が傾く

【噛み合う歯が伸びてくる】

噛み合う歯が伸びてくる

この状態をさらに放置し続けると……

噛み合わせのズレによって、過度な負荷を受ける歯が出てきます。周りの歯が徐々に影響を受けていき、最終的には前歯に負荷がかかっていきます。過度な負荷によってダメージを受けた歯は噛む力を失ってしまい、そうすると今度は「硬い物が噛めない」「全身に力が入らない」といった問題が生じるように……。

咀嚼がうまくできないと、胃腸への負担が大きくなって消化不良を招きやすくなります。脳への刺激や血流が不足すると、思考能力や集中力が低下しがちに。また、「噛めないこと」はアルツハイマーを招く原因のひとつともいわれています。

歯の喪失が招く、さまざまな悪影響

  • 歯の噛み合わせが悪くなることで、歯並びに影響が出る
  • 歯を支えていた顎の骨に力がかからなくなるため、骨が痩せる
  • しっかりと噛めないため、消化器官に負担がかかる
  • 正しい発音がしづらくなる
  • 左右のバランスが乱れて顔の輪郭が変化する
  • 顔や首にシワやたるみが増える
  • 思考能力や集中力が低下する

たった1本、されど1本

1本の歯の喪失が、ゆくゆくは全身の健康に影響をおよぼす

さらに放置し続けると……

歯を失うことは、「硬い物を噛める「健康な胃腸で好きな物を食べられる」「快適に話す」「きれいな歯並びを維持する」といった“当たり前”が当たり前で無くなってしまうことを意味します。「たった1本」と安易に考えず、できるだけ早いタイミングで歯科治療を受けることが大切です。

東京の新宿・銀座、名古屋の名古屋駅・栄・港・ミッドランドスクエア・東郷町にて7医院を運営する医療法人スワン会では、患者様にご満足いただける質の高い歯科医療のご提供に努めています。無料相談も承っておりますので、不安がある方はお気軽にお問い合わせください。

無料相談メールはこちらをクリック!