理事長インタビュー

スワン歯科の理事長インタビュー

インプラント治療のパイオニアとして世界標準の治療を

「インプラントは、万能な治療というわけではない」

1989年、私は日本人として初めてインプラント治療を学ぶために歯科先進国のアメリカに留学しました。以後、インプラント治療のパイオニア的存在として、日本で最先端の歯科医療を提供することやインプラント治療の啓蒙と教育に心血を注いできました。

現在はインプラント治療を選ばれる方も増え、どんな治療なのか、どんなメリットがあるのかといったことが世間一般に広く知られるようになりました。しかし、志が高くない歯科医師がインプラント治療に取り組むというケースも増えており、患者様に間違った認識を与えてしまうという弊害も実際に生まれています。「すぐ噛める」「何でも噛める」「安い」といったように、美辞麗句を並べるような歯科医院には気を付けていただきたいと思っています。

確かにインプラントはメリットの多い治療法ですが、デメリットがない「万能な治療」というわけではないからです。

「長期的な治療実績がないと、ベストな判断を下すのは難しい」

インプラントは生涯にわたって使っていくことを想定しているものですので、治療を受けるなら、40年、50年と長くお付き合いができる歯科医院を選ぶことが大切です。インプラントは治療後のメンテナンスが重要。せっかく高性能なインプラントを入れても、その医院が閉業して途中で診てもらえなくなってしまっては困りますから。

  • インプラントの治療実績が豊富で、医院経営自体が安定していること。
  • 教育システムが整っていて、医療スタッフのレベルが高いこと。

この2つの条件を備えた医院なら安心です。そしてこうした医院レベルを維持し、絶えずレベルアップに努めている医院ならなお良いでしょう。

なかでも、治療実績は非常に重要です。患者様にベストな治療をご提供することが歯科医師の責務ですが、生涯にわたって使い続けていくインプラントに関しては、長期的なインプラント治療の実績がある医院でないと、ベストな判断を下すのは難しいのです。

インプラントの治療実績が豊富で、「このケースはインプラントがベスト」「これはインプラント以外の治療方法が良い」といった客観的な判断ができる医院とお付き合いすると安心です。

「限りなくミスをゼロに近づけることが、患者様の安心感につながる」

これはインプラント治療に限りませんが、患者様に満足していただいてはじめて「良い治療」といえると思っています。そのために、スワン歯科ではインプラントの安全性に重点を置いています。インプラントにおける安全性の基準とは、「世界的な実績があるかどうか」。どれくらいの治療実績があって、長期的な成果、客観的かつ学術的な実績があるかといったことが基準になります。

また安全性という観点から見ると、今後はコンピュータを用いた事前の手術シミュレーションや診断がより重要視されてきます。スワン歯科においては、術前のシミュレーションは100%実施しており、コンピュータで完全にガイドした手術も、一部の症例では行っています。まさに、準備に準備を重ねて手術を行っているわけです。「準備が万事」。これは私たちが掲げているスローガンでもあります。

さらに最近、他院に先駆けて3Dプリンタを導入したのですが、患者様の口腔内モデル(模型)を自院でつくることができ、これも術前のシミュレーションに大いに役立っています。シミュレーションを行っていれば限りなくミスをゼロに近づけることができ、それが患者様の安心感にもつながります。

「医療で一番大切なのは情報であり、正しい情報を伝える教育」

患者様にお伝えしたいのは、インターネット上にあふれている情報に振り回されないこと。きちんと医院の情報を得て、かつその医院が本当に信頼できるかどうかを見極める目を養ってください。「医者選びも寿命のうち」と言いますから。

私たちスワン歯科は、インプラントに関して正しい情報を発信しているという自信と自負があります。私は1994年以来、インプラント治療に関する書籍(『最新・成功するインプラント治療の受け方』)を出版しており、セミナーを20年以上続けています。

医療で一番大切なのは「情報」であり、正しい情報を伝えるための「教育」です。スワン歯科では、すべての患者様により良い歯科医療をご提供できるように、常に人・システム・環境に変化をもたらし、質の高い医療をご提供できる環境をつくっています。インプラント治療のパイオニアとして今後もインプラント治療の研鑽・教育に努め、日本にいるほとんどの方が歯のことを意識せず、自信を持ってニコニコできるような社会をつくりたいですね。