液体歯磨き、洗口液、デンタルリンスの違いとは?

一般歯科・その他

液体歯磨き、洗口液、デンタルリンスの違いとは?

ドラッグストアやディスカウントショップに行けば、歯ブラシや歯磨き粉の他にも、デンタルリンスや液体歯磨き、洗口液などの様々なケア用品が並んでいます。小さなボトルの商品もあり、出先でも気軽に使えることから、デンタルリンス類を愛用する人は増えていますが、実は「間違った使い方」をしている人もいるようです。

今回は、デンタルリンス、液体歯磨き、洗口液の正しい使い方や注意点などをご説明していきましょう。

デンタルリンスとは?

液体系のデンタルケア用品のなかでも、「デンタルリンス」の名前を聞くことは多いと思いますが、「デンタルリンスとは何なのか?」を正しく説明できる人はほとんどいないでしょう。実際、デンタルリンスに明確な定義はなく、液体歯磨きや洗口液を総称してデンタルリンスと呼ぶ場合もあれば、洗口液のことをデンタルリンスと呼ぶ場合もあります。

ひとつ知っておきたいのは、液体系の口腔ケア用品は、その使用方法の違いによって「液体歯磨」か「洗口液」のいずれかの商品区分に該当するということです。商品区分はパッケージやボトルに表示されているので、それに応じた方法で正しく使うようにしましょう。

液体歯磨きとは?

液体歯磨きは、ブラッシングをするときに歯磨き粉(練り歯磨き)の代わりに使う歯磨き剤です。まず、液体歯磨きを口に含んでブクブクと20~30秒ほどうがいをします。その後、ブラッシングをして最後に水ですすぐのが正しい使い方です(商品によっては水ですすぐ必要のないものもあります)。重要なのは、ブクブクうがいをしただけで終わりにしないこと。液体歯磨きはあくまで練り歯磨きの代わりですから、必ず歯ブラシを使って磨かなければいけません。

研磨剤が気になる方におすすめ!

液体歯磨きには、一般的な練り歯磨きに含まれる研磨剤が入っていないため、歯の表面を傷つける心配がありません。研磨剤が気になる方は、液体歯磨きに替えてみてもいいかもしれませんね。逆に、研磨剤が含まれていないことから、茶シブやタバコのヤニなどの着色を落とすのには向いていないと言えるでしょう。

洗口液とは?

洗口液は、主にお口のネバつきを軽減することや口臭を抑えることを目的として作られた液体の洗浄剤です。マウスウォッシュと呼ばれることもありますし、上述のとおり、デンタルリンスと呼ばれることもあります。洗口液の使い方は、口に含んで20~30秒ブクブクとうがいをするだけ。使用後に水ですすぐ必要もありません。ひとつ忘れてはいけないのが、洗口液はブラッシングの代わりにはならないということです。歯磨きの仕上げとして使うのはOKですが、「洗口液を使ったから歯磨きはしなくていいや」と考えるのはNGです。

学校や会社に携帯するのがおすすめ!

洗口液は口腔内を潤して細菌の増殖を抑え、口臭を防ぐ効果があります。そのため、多くの人とともに過ごす学校や会社に携帯するのがおすすめです。たとえば、ニオイの強い食事をとった後や、接客の前などにサッと使える手軽さが人気の理由です。

新宿スワン歯科・矯正歯科 院長より

液体系のデンタルケア用品は、お口をさっぱりさせたり口臭を抑えたりするのに効果的ですが、これだけでお口の健康を保つことはできません。虫歯や歯周病の原因になる歯垢(プラーク)はブクブクうがいで、ある程度は浮かせたり流したりはできますが、やはり完全に落としきることはできません。歯垢を除去するには、歯ブラシや歯間ブラシなどを使った物理的なアプローチが必要です。歯垢除去は虫歯・歯周病予防の基本ですから、歯ブラシや歯間ブラシ、デンタルフロスを使ったケアは欠かさず行ってくださいね。

次回の歯科コラムは、3月14日(火)の公開を予定しております。ぜひお楽しみに。

>> コラムトップ

予防歯科

>> カテゴリから選ぶ

  • 予防歯科
  • 矯正歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ニュース・雑学
  • 一般歯科・その他
  • 新宿スワン歯科・矯正歯科
  • 銀座スワン歯科・矯正歯科
  • ゲートタワー歯科・矯正歯科
  • ミッドランドスワン歯科・矯正歯科
  • 栄スワン歯科・矯正歯科
  • 港スワン歯科・矯正歯科
  • 白鳥スワン歯科・矯正歯科