差し歯治療とは?~被せ物・インプラントとの違い~

一般歯科・その他

花差し歯治療とは?~被せ物・インプラントとの違い~

歯の治療の話をするとき、「差し歯」という言葉を耳にすることがあるかと思います。この「差し歯」という治療法は、別の治療法と混同されるケースが少なくありません。今回は、混同されがちなインプラント治療や被せ物治療との違いに触れながら、差し歯治療の正しい情報をまとめていきたいと思います。

差し歯ってどんな治療?

差し歯とは、虫歯治療で削った歯に人工歯(差し歯)を差し込む治療のこと。差し歯は、「コア」と呼ばれる土台になる部分と、いわゆる被せ物(歯冠部)が一体化しているのが特徴です。

差し歯とインプラントの違い

差し歯治療ができる条件は、歯または歯根が残っていること。上述のとおり、残っている歯(歯根)に人工歯を差し込むのが差し歯治療です。一方で、インプラント治療は歯を完全に失ってしまった部分の顎の骨に人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を取り付ける治療です。差し歯もインプラントも、人工歯を装着して噛む機能を回復する治療であることに変わりはありませんが、歯に固定するか、顎の骨に固定するかという点で大きく異なるのです。

差し歯と被せ物(クラウン)の違い

差し歯と被せ物(クラウン)は同じ治療法として説明されることもありますが、厳密には異なります。差し歯も被せ物も、虫歯治療で歯を削ったり神経を除去したりした後で人工歯を装着する治療であることに変わりはありませんが、この両者は、装着する人工歯に「コア」が付いているか付いていないかという点で異なります。

差し歯は、被せ物(歯冠部)にコア(土台部分)が付いています。一方で、被せ物はコアが付いていない人工歯単体を指し、コアとは分離しています。とはいえ、被せ物治療においても、人工歯を被せる前に土台としてコアを入れ、その上に被せ物を被せるのが一般的です。

差し歯治療から被せ物治療へ

差し歯治療は、「差し歯が抜けてしまうことがある」「歯の根が割れやすい」「再治療が難しい」といったデメリットがあったため、現在ではほとんど行われなくなっています。その代わり、現在では被せ物治療(コアを装着してから被せ物を被せる)が主流になっています。コアと被せ物が分離していることで、より精密な治療が可能になり、装着後の安定度も優れています。

被せ物治療では、コアや被せ物の素材を選択できますが、コアの素材として近年注目されているのが「ファイバーコア」です。

ファイバーコアとは?

ファイバーコアは、強化プラスチックとグラスファイバーの芯によって作られているコアです。従来は金属でできた「メタルコア」が使われていましたが、ファイバーコアには以下のような特徴があり、メタルコアよりメリットが大きいとされています。

・歯の根が割れる可能性が低い
・金属アレルギーの心配がない
・自然で透明感のある歯を再現できる
・歯や歯茎が変色しない
・再治療が必要になった場合も簡単に除去できる など

新宿スワン歯科・矯正歯科 院長より

患者様にとってのAという治療法と、ドクターにとってのAという治療法。もし、ここに認識違いがあった場合、後々大きなトラブルに発展してしまう可能性があります。こういったトラブルを防ぐためにも、私たち医療従事者は治療を始める前にきちんと説明義務を果たさなければいけませんし、患者さんとなる皆様も治療に関する正しい知識を身につけておくのが理想的です。

しかし、今回の差し歯のように一般的にはなかなか分かりにくい治療・歯科用語も多くあるかと思います。やはり、治療に関しての疑問や不安をすぐに相談できるかかりつけの先生がいて、安心して治療を受けられる環境があるのが一番ですね。

今回、ご説明した差し歯に限った話ではありませんが、重要なのは治療に関して分からないことがあれば必ず解決し、納得したうえで治療を受けること――それができれば、きっと満足のいく治療結果を得られることでしょう。

次回の歯科コラムは、3月7日(火)の公開を予定しております。ぜひお楽しみに。

>> コラムトップ

予防歯科

>> カテゴリから選ぶ

  • 予防歯科
  • 矯正歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ニュース・雑学
  • 一般歯科・その他
  • 新宿スワン歯科・矯正歯科
  • 銀座スワン歯科・矯正歯科
  • ゲートタワー歯科・矯正歯科
  • ミッドランドスワン歯科・矯正歯科
  • 栄スワン歯科・矯正歯科
  • 港スワン歯科・矯正歯科
  • 白鳥スワン歯科・矯正歯科