花粉症で歯が痛くなる?虫歯にかかりやすくなる!?

一般歯科・その他

花粉症で歯が痛くなる?虫歯にかかりやすくなる!?

花粉症の方にとっては、何とも憂鬱なシーズンがやってきました。毎年のように、「今年の花粉はひどいらしい!」などとニュースで言われていますが、実際に花粉症を発症する人は年々増えているようですね。

花粉症の症状でつらいのは、「鼻詰まり」「くしゃみ」「目のかゆみ」などが代表的ですが、実は、花粉症が「歯痛」や「虫歯」の要因になり得ることをご存じでしょうか?今回は、「花粉症と歯・お口の関係」についてご説明していきましょう。

花粉症で歯が痛くなる理由

花粉症が引き起こす口腔内トラブルとして、たまにあるのが「歯の痛み」です。花粉症がひどくなって鼻の奥に強い炎症を起こすと、歯根の先端部が刺激されて虫歯のような痛みに襲われることがあります。特に、鼻腔と通じている上顎洞の粘膜が炎症を起こしている場合、実際は歯そのもののトラブルではないものの、「奥歯が痛い」と感じる方が多いようです。もちろん、虫歯ではないので「冷たいものがしみる」といった症状はありませんが、「歩くと歯に響く」「噛むと痛い」といった症状が出ることがあります。

花粉症からの虫歯・歯周病にご用心

「花粉症が虫歯・歯周病を引き起こす」と言ったら語弊がありますが、花粉症が間接的な要因となって虫歯・歯周病に発展するケースがあります。花粉症になると鼻水が出て、鼻が詰まります。鼻が詰まると口呼吸になるため、口が渇きがち(ドライマウス)になります。加えて、鼻詰まりなどの症状を和らげるために花粉症の薬を飲むと、薬の副作用で唾液の分泌が抑制され、さらに口が渇きやすくなります。ここまでは、花粉症の方なら自覚がある方は多いのではないでしょうか。

知っておきたいのは、「口が渇いている状態(ドライマウス)」は、口腔内の健康を保ちにくくなるということです。乾燥した口腔内は、虫歯菌や歯周病菌にとって非常に居心地のいい環境です。口のなかが乾燥していれば乾燥しているほど、虫歯や歯周病にかかりやすくなります。その他、口の渇きは口臭の原因にもなるので注意が必要です。

口の渇きを改善するには?

花粉症による鼻呼吸や、薬の服用によって起きるドライマウスを改善するには、以下の方法が効果的です。3つともすぐに実践できることなので、花粉症の季節だけでも心がけてみてくださいね。

キシリトール配合のガムを噛む

ガムを噛むと顎の筋力を使うため、唾液の分泌量が増加します。ガムのなかでも、虫歯予防の効果があるキシリトール配合のガムがおすすめです。

こまめに水分を補給する

ドライマウスを改善するポイントは唾液の分泌を促すことですが、それが難しければ、意識的に水分補給をすることが大切です。口腔内が潤っている時間が長くなれば乾燥を防ぐことができ、それだけ虫歯や歯周病の予防効果も高まります。

飲酒や喫煙を控える

タバコに含まれるニコチンには血管を縮小させる成分が入っており、喫煙をすると唾液の分泌量が減少して口腔内が乾燥します。また、お酒を飲むと体内にたまったアルコール分を尿や汗などで排出しようとするため、体内の水分量が減って口腔内も乾燥します。逆に言えば、飲酒・喫煙を控えることでドライマウスの症状を軽減できます。

銀座スワン歯科・矯正歯科 院長より

花粉症を根本から治すことできれば、それに越したことはありませんが、実際はなかなか難しいようですね。非常に厄介な花粉症ですが、常に口腔内の健康管理ができていれば、虫歯・歯周病にかかることなく花粉症の時期を乗り越えられるはずです。上述の方法でドライマウスを防ぐほか、毎日のブラッシングや定期検診を欠かさずに理想的な口腔内環境をキープしてくださいね。

次回の歯科コラムは、2月28日(火)の公開を予定しております。ぜひお楽しみに。

>> コラムトップ

予防歯科

>> カテゴリから選ぶ

  • 予防歯科
  • 矯正歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ニュース・雑学
  • 一般歯科・その他
  • 新宿スワン歯科・矯正歯科
  • 銀座スワン歯科・矯正歯科
  • ゲートタワー歯科・矯正歯科
  • ミッドランドスワン歯科・矯正歯科
  • 栄スワン歯科・矯正歯科
  • 港スワン歯科・矯正歯科
  • 白鳥スワン歯科・矯正歯科