チョコレートを食べると虫歯になるって本当?

一般歯科・その他

チョコレートを食べると虫歯になるって本当?

今日(本コラムの公開日)は2月14日、バレンタインデー。チョコレートが好きな人はもちろん、普段はあまりチョコを食べないという男性も、今日もらったチョコレートは喜んで食べたくなりますよね。

「チョコレートを食べる=虫歯になる」というイメージをお持ちの方も多いと思います。小さい頃、両親から「チョコレートを食べると虫歯になる」と教えられた人も多いでしょう。でも、それって本当なの?と言うと・・・。チョコレートが歯に与える影響は、どうやらチョコレートの種類や食べ方によって変わってくるようです。

カカオには虫歯予防の効果がある!?

チョコレートには、虫歯予防に効果的な成分が含まれていることをご存じでしょうか? それが、「カカオ・ポリフェノール」です。カカオ・ポリフェノールには抗酸化作用があり、虫歯菌をやっつける働きがあるほか、歯周病菌を殺菌したり、歯に歯垢を付きにくくしたりする様々な効果があることが分かっています。ただし、ミルクチョコレートはカカオ・ポリフェノールがほとんど含まれておらず、ホワイトチョコに至ってはその含有量はゼロ。虫歯予防の効果を期待するのなら、カカオ70%以上のビターチョコレートがおすすめです。

なぜ、チョコレートを食べると虫歯になると言われるの?

チョコレートに含まれているのは、カカオ・ポリフェノールだけでありません。大量の砂糖が含まれていることを忘れてはいけません。砂糖は虫歯菌の大好物。チョコレートを食べた後に歯を磨かないのは、虫歯菌にエサを与え続けることと一緒です。

砂糖はチョコレートに限らず、ほとんどの甘いお菓子に含まれています。とはいえ、砂糖を口にすることが、虫歯に直結するわけではありません。虫歯は砂糖のせいではなく、お口の中に糖を残してしまう食べ方や習慣が悪いのです。

虫歯になりにくいチョコレートの食べ方

だらだら食べない

お口の中の虫歯菌が糖をエサにして酸を出し、その酸によって歯が溶かされるのが虫歯です。一方で、私たちの唾液は、酸性に傾いた口腔内を中和して、溶かされそうになっている歯を修復する働きがあります。このバランスが崩れたときに虫歯になるのです。

チョコレートを長い時間をかけて食べたり、食べた後にお口の中に残っていたりすると歯の修復が間に合わず、虫歯になるリスクが高くなってしまいます。チョコレートを食べるときはだらだら食べず、唾液が歯を修復するための時間を確保することが大切です。

お口の中に残さない

チョコレートの種類によっては、歯に付きやすいものもあります。チョコレートを食べた後は歯磨きをするのが理想ですが、それが難しい場合はうがいで洗い流すなど、お口に中になるべく糖を残さない工夫が必要です。

寝る前に食べない

寝ている間は唾液の分泌が少なくなり、虫歯にかかりやすくなります。寝る前にチョコレートを食べて、歯磨きをしないまま寝るのはもってのほか。夜の歯磨きをした後は、チョコレートに限らず、砂糖が含まれるものを口にするのはNGです。

銀座スワン歯科・矯正歯科 院長より

チョコレート(カカオ・ポリフェノール)には虫歯予防だけでなく、腸をきれいにしたり、疲労を回復したりする効果もあるようですね。食べ方にさえ注意すれば、健康食品とも言えるチョコレート。今日、本命チョコをもらえた方も、義理チョコばかりで落ち込んだ方も、手作りして余ったチョコがある女性の方も、チョコレートを食べた後は歯磨きをして、お口の中に糖を残さないようにしてくださいね。

次回の歯科コラムは、2月21日(火)の公開を予定しております。ぜひお楽しみに。

>> コラムトップ

予防歯科

>> カテゴリから選ぶ

  • 予防歯科
  • 矯正歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ニュース・雑学
  • 一般歯科・その他
  • 新宿スワン歯科・矯正歯科
  • 銀座スワン歯科・矯正歯科
  • ゲートタワー歯科・矯正歯科
  • ミッドランドスワン歯科・矯正歯科
  • 栄スワン歯科・矯正歯科
  • 港スワン歯科・矯正歯科
  • 白鳥スワン歯科・矯正歯科