矯正歯科(インビザライン)について①

矯正歯科は何をする歯科なのか

矯正歯科とは、歯並びを良くするだけでなく、噛み合わせも治すことができる歯科です。歯並びが悪く、噛み合わせが悪い状態のことを「不正咬合」と呼びます。この状態を放置してしまうと虫歯や歯周病になる可能性が高まります。他にも、口臭の元になったり、顎の関節に負担がかかったりするため、できるだけ早めに矯正治療を行なう必要があるのです。

不正咬合(ふせいこうごう)とは

矯正治療が必要となる不正咬合にもいくつか種類があります。代表的なものとしては、「出っ歯」「受け口」「八重歯」「開咬」「空隙歯列」などが挙げられます。

・出っ歯(上顎前突)
上の前歯が通常よりも前に出ている状態で、口を楽に閉じることが難しいとされています。症状がそこまで酷くない場合は生活に支障をきたすことも少ないですが、怪我などで前歯を折ったり、噛み合わせが悪く歯茎を傷つけたりすることもあります。
・受け口(下顎前突)
この状態は、出っ歯とは逆で下の歯が上の歯よりも前に突き出している状態のことを指します。顎の大きさが影響しており、子供の場合は顎の成長が完了するまで定期的に症状を見続けなければなりません。受け口だと、特にサ行やタ行が上手く発音できない、食べたものをうまく噛めないといった影響が出てきます。
・八重歯
八重歯は糸切り歯が他の歯よりも前に飛び出している状態のことを指します。歯ブラシがうまく行き届かずに歯垢や歯石が残りやすく、結果的に虫歯や歯周病を引き起こしてしまいます。八重歯の他にも、全体的に歯並びが乱れた状態に「乱ぐい歯」「叢生」などがあります。この状態は八重歯よりも見た目が悪く、歯の大きさと歯並びがアンバランスな状態となっています。
・開咬
開咬は、奥歯は正しく噛み合っているものの、上下の前歯が噛みあわない状態のことを指します。上下の前歯が開いている状態なので食事をする際にも前歯で食べ物を噛みきることができません。幼児期に長いこと指しゃぶりをしている子供や舌癖がある子供は開咬になりやすいと言われています。
・空隙歯列
顎の大きさに対して歯が小さすぎる状態のことを空隙歯列と呼びます。歯と歯の隙間が大きく、歯の隙間に食べ物が挟まりやすいのが特徴です。特に前歯の隙間が大きい人は、見た目の印象に悩み持つケースが多いです。

これらの不正咬合の他にも様々な症状があります。不正咬合の状態や医師によって矯正治療法も変わってきます。歯並びの状態や噛み合わせの状態に違和感がある人は、まず矯正歯科クリニックで診察や検査を受けることから始めましょう。

矯正歯科治療で得られるメリット

矯正歯科治療を受けることによって得られるメリットとして代表的なのが「歯並び改善」「噛み合わせ改善」「見た目を良くする」「呼吸環境を整える」「食事が楽しくなる」の5つです。

①歯並び改善
歯並びの改善は、矯正歯科治療の大きなメリットとなっています。矯正歯科クリニックでは、ただ歯並びを良くするだけでなく、患者様1人1人の骨や状態をチェックして最も適した治療を行ないます。
②噛み合わせ改善
歯並びが良くなることによって自然と噛み合わせが良くなります。噛み合わせが悪いと食べ物をうまく噛めない、言葉の発音が上手くできないといった症状が出てきてしまいます。矯正歯科治療をすることによって、顎の関節が正しい位置へと戻るため、食事や発音の際の違和感がなくなります。
③見た目を良くする
歯並びの良さは見た目やその人の印象にも影響してくることから、矯正歯科治療を行なうことで見た目が大きく変わります。特に変わると言われているのが横顔の印象です。不正咬合で顎が出たり、上唇が大きく突き出していたりする状態も治療で改善できます。美しい口元の基準と言われるEラインを手に入れることができるのです。見た目が良くなることによって、口元の自信に繋がり、結果的に笑顔も素敵になります。
④呼吸環境を整える
不正咬合が原因で呼吸環境が乱れる人もいます。歯並びが原因で口呼吸になってしまっている人は噛み合わせや歯並びを良くすることによって正しい呼吸を取り戻すことができます。
⑤食事が楽しくなる
不正咬合の場合食べ物が上手く噛み砕けずに、通常よりも食事が美味しく感じにくく、飲み込みにくいと感じてしまうこともあります。矯正歯科治療で歯並びを改善することによって、食べ物をうまく噛み砕けるだけでなく、良く噛んで食べることが可能になります。食事が楽しくなるだけでなく、食べるストレスが解消されて心身共に健康になります。

次のページでは矯正歯科で使用される矯正装置の種類について説明致します。

  1. 1.
  2. 2.矯正歯科で使用される矯正装置の種類に進む
  3. 3.
  4. 4.