お子様の歯の健康維持は「小さいうちから」が大事

お子様が小さいうちは、まだ自分で自分のお口を正しくケアすることができません。しかし、ケアができないからといって、「ケアをしなくていい」わけではありません。むしろ子供の歯(乳歯や生えたての永久歯)は、大人の歯よりも虫歯になりやすいという特徴があります。

つまり、親御様がお子様に代わって毎日ケアをし、注意して見てあげることが重要だということです。親御様がサポートしてあげることで、将来にわたって健康なお口を保つための土台をつくることができます。

気になる癖に要注意!

  • 指しゃぶりをしている(もしくはしていた)
  • よく舌を出す、前歯を押している
  • タオル・爪・服などをよく噛む
  • いつも頬づえをしている

歯や骨が発育段階にある子供の場合、歯や顎に過度な力が加わることによって歯並びや噛み合わせが乱れてしまうことがあります。もし上記のような癖があれば、早めに直してあげましょう。

食育でお口も体も元気に!

食育(しょくいく)とは、食について正しい知識を持ち、栄養バランスに優れた食習慣を身に付けることです。「健康的な食事とは何か?」「食事はどういうものであるべきか?」を子供に正しく伝えること、実践を通して食に関する幅広い理解や選択する力を養うことを通して、心身の健やかな成長を育む考え方といえます。

東京・名古屋で7医院を運営する医療法人スワン会(スワン歯科)では、歯の健康という観点から、毎日の食事の栄養バランスやおやつの種類、取り方などについてのアドバイスを行っています。

スワン歯科の小児歯科~キッズプログラム~

  • プレイキッズルームを完備
  • 治療後には頑張ったご褒美としてプレゼントをご用意
  • 親御様の治療への同席も可能

※東京・名古屋の各医院によってご対応の有無が異なります。詳しくは直接お問い合わせください

スワン歯科では、お子様のお口の状態に合わせた予防ケアをご提案しています。歯科医師と歯科衛生士が、お子様自身が前向きに取り組めるような声かけをし、お子様のペースに合わせて治療や予防ケアを進めていきます。「虫歯から歯を守ってあげたい」「歯並びで悩んでほしくない」とお考えの親御様は、一度お子様を連れてご来院ください。

お子様に虫歯菌をうつしてしまっていませんか?

生まれたばかりの赤ちゃんのお口には、虫歯菌が存在しません。しかし、食べ物の口移しやキス、お箸やスプーンなどの共用によって、親御様からお子様に虫歯菌がうつってしまいます。感染の原因にならないよう以下のような行為を控えるとともに、親御様自身が口腔内を衛生的に保ち、感染の原因となる虫歯菌の量を減らしておくようにしましょう。

お子様の歯並びが気になる方へ