3歳児健診で受け口(反対咬合)と言われたら

上の歯が下の歯に被さる正常な噛み合わせではなく、下の歯が上の歯に被さっている状態を「受け口(反対咬合)」といいます。3歳児歯科健診で歯科医師に「受け口」だと指摘されても、多くの場合は「(永久歯になれば改善されるので)様子をみましょう」と言われます。しかし3歳児歯科健診で受け口を指摘されたケースで自然に改善するのは全体のわずか6.4%というデータがあります。「様子を見るだけでは改善されない」というのが現実といえるでしょう。

東京と名古屋で7医院を運営する医療法人スワン会(スワン歯科)では、矯正治療を検討するなら「早めに治療を開始したほうが、少ない負担で理想の歯並びを得られやすい」と考えています。お子様の受け口が心配な親御様は、お早めにご相談ください。

受け口のデメリット

受け口の子供は顎が前に出た、いわゆる「しゃくれた」の状態になるため、口元が不自然な印象になってしまいます。この状態を改善しないまま思春期を迎えると、お子様にとって大きなコンプレックスになってしまう可能性もあるでしょう。

また、受け口は外見上の問題だけではありません。発音しにくい言葉があるため癖のある話し方になったり、しっかり噛めないため消化不良を起こしたりします。さらに、顎の痛みなどをともなう顎関節症を引き起こすリスクも……。お子様の心身の健康を考えるなら、3歳児歯科健診は矯正について歯医者に相談するひとつのいいきっかけになるのではないでしょうか?

3歳から矯正治療を開始できます

できるだけ早めに初診にお越しください

成長とともに受け口が改善するケースももちろんありますが、悪化してしまうケースも少なくありません。しかも、顎が前に出ているのはお口全体のバランスがよい状態ではありませんので、歯や顎の正しい成長を妨げたり、噛み合わせが悪くなったりと、二次的な影響が出てしまうおそれもあります。健診で「受け口(反対咬合)」と指摘されたときにきちんと歯科医院で診察を受けたか否かが、その後のお子様の歯並び・噛み合わせに影響をおよぼしてしまうこともあるのです。

スワン歯科では、親御様にできるだけ早めに受診していただくようアドバイスをしています。早めに診察を受けていただくことで、お子様の歯の成長に合わせた最適な時期に矯正をはじめることができるからです。矯正は3歳から治療を開始できますので、まずは一度お子様を連れてご来院ください。

受け口の矯正治療

受け口の治療には、マウスピース型の矯正装置を使います。歯科医師の指示通りに装着していただくことで数ヶ月~半年で受け口が改善し、さらに後戻りを防止するために半年間ほど装着していただくと治療完了です。

特長1 マウスピース型の矯正装置なので簡単

マウスピース型の矯正装置を装着するだけですので、簡単に取り扱えます。就寝時やテレビを見ているときなど、一定時間装着すればよいので、お子様への負担も少ないのが特長です。

特長2 痛みなどの不快な症状がない

無理に歯を動かすのではなく、お子様の顎の成長を利用して自然な形で上下の噛み合わせを整えていくので、痛みや違和感などの不快な症状が出ることもありません。

術前 術後

受け口を改善し、健やかな歯の成長を導くことができるように、

3歳児歯科検診で「受け口(反対咬合)」と指摘されたお子様の親御様は

お早めにご来院ください。