インプラントについて①

インプラントってどんな治療?

現代の歯科治療でもよく耳にするようになった「インプラント」ですが、そもそもインプラント治療がどのようなものか知っていますか?自分の歯として利用できる第二の永久歯?ブリッジや入れ歯に変わる歯科治療?インプラント治療の基本的な流れからインプラントの構造や種類、インプラント治療にかかる費用、メリットデメリットまで、インプラントにまつわるギモンを解決します!

インプラントの治療の流れ (当院の場合)

現在行われているインプラント治療はいくつかのステップに分けられます。検査から人工歯装着、装着後のメンテナンスまでの流れを説明します。

STEP1<カウンセリング>
検査結果をもとに、医師とカウンセリングを行いながら治療計画を立てていきます。顎の形や歯並びはそれぞれ異なるため、一人ひとりに合った方法でインプラント治療を行なう必要があります。この時に、治療方法や料金、通院する期間などを決めます。カウンセリングの際に医師に希望や要望ははっきりと伝えておくことが大切です。
STEP2<精密検査・治療計画>
インプラント治療の検査をする際には、まずはレントゲン・歯科用CT(コンピューター断層撮影)で歯並びや噛み合わせなどのチェックを行なって、口腔内の状態を確認します。検査の際には頭や顎のレントゲン撮影も行ないます。検査の段階で、インプラント治療の妨げとなる虫歯や歯周病などがないか、骨の強度は足りているかもチェックします。
STEP3<一次手術(インプラント埋入)>
インプラントの治療は2回に分けて行なわれることがほとんどです。一次手術では、インプラント(人工歯根)を歯茎に埋め込むために顎の骨を削る手術を行ないます。局部麻酔をするので、痛みを感じることはほとんどありません。最近では無痛鎮静法など、麻酔法の種類も多いので、局部麻酔でも不安という人は医師に相談すると良いでしょう。この一次手術は約1時間~3時間程度ですが、当院では経験豊富な歯科医師が担当しますので、インプラント1本あたり数十分で手術は終わります。そのため入院の心配もなく、その日のうちに日常生活に戻ることができます。
STEP4<治癒期間(定着期間)>
一次手術が終わったら、インプラントと骨が結合するまで期間を置きます。3ヶ月から半年ほどの期間がほとんどです。長く感じるかもしれませんが、永久的に自分の歯として利用するためにもこの定着期間の確保は重要です。インプラントには、骨と結合しやすい性質の「純チタン」が使用さ致します。アレルギーや副作用の心配はいりません。
STEP5<二次手術(アバットメント装着)>
定着期間を終えて、インプラントと骨の結合が確認されたら、インプラントの頭部分を出し、人工歯との連結部分(アバットメント)を装着します。※手術は15~30分ほどで終わります。この手術をした後に、すぐに人工歯を装着できるわけではなく、1週間から1ヶ月半程度の期間をおくことがほとんどです。二次手術後、期間を置き、歯茎が治るのを待ちます。
STEP6<人工歯の装着>
二次手術後期間を置いたら、被せる人工歯の型を取って人工歯を作ります。その後製作した人工歯をインプラントの上記(STEP5)に取り付けて完了となります。この時の人工歯の素材や価格も様々なので、医師と相談しながら決めると良いでしょう。
STEP7<メンテナンス・定期検診>メンテナンスも必要
人工歯を被せたからといって、インプラント治療が完了したというわけではありません。他の歯とのかみ合わせなどもチェックしながら、定期的にメンテナンスを行なう必要があります。メンテナンスの際には、口腔環境(虫歯や歯周病)のチェックや噛み合わせ、歯槽骨のチェックなどを行なうケースがほとんどです。自己管理でお口の中を健康に保つようにしましょう。

インプラントのメリット

インプラント治療が良いとは聞くけれど、具体的なメリットってなに?インプラントのメリットを5つ紹介します。

①見た目がきれい
インプラントのメリットと言えば、やはり審美性が高く、自然歯と見た目が変わらないという点です。そのため、治療後も人工歯と気づかれない人がほとんどです。口を開けた際に、銀歯などがあると治療した部分が一目でわかってしまいます。それに対してインプラント治療は自然歯と変わらないので治療した部分がわかりません。そのため、人と接する機会が多い人や、見た目の印象が気になるという人にも人気がある治療です。
②他の歯に負担を与えない
インプラント治療は、ブリッジ治療のように健全な歯を削ることがありません。ブリッジ治療は、歯が抜けた部分の両サイドにある歯を削りますが、この時削った歯の上にも人工歯の被せものをします。そのため、食べ物を噛むことによって、削った健康な歯にも圧がかかってしまうのです。こうしたブリッジに対して、インプラントでは抜けた部分だけを削るので、他の歯に負担を与えることがないのです。
③自分の歯のような強くて自然な噛み心地
インプラント治療をした後は、食事の制限がなくなり、食べたいものを好きなだけ味わえるようになります。入れ歯の場合、硬い食べ物は敬遠してしまうことが多いですが、インプラントは自分の歯として使うことができるため、硬い食べ物も気にせず食べることが可能になります。その他の器具装着をすることがないため、噛んだときに歯がズレることもなく、自然な噛み心地です。天然の歯と同じような感覚で食べることができるため、食事の際の不満やストレスを解消することができます。
④手入れが楽
インプラント治療は、入れ歯のように毎日取り外して洗浄する必要がありません。もちろん、治療後も定期的に歯科に通って検診を受ける必要はあります。しかし、普段自宅で行なうケアは元々の歯をメンテナンスするように、歯磨きやオーラルケアだけでよいので、日常の管理も非常に楽なのです。
⑤口元の自信を取り戻せる
インプラント治療をすることで、失った歯を取り戻すことができます。そのため、治療後は笑顔に自信を持てるようになったという人も多くいます。笑うことや歯を見せることにストレスを感じなくなるため、自然な笑顔が増え、表情も明るくなります。また、噛む力や回数も増えることから、自然と口元の筋肉を使うようになります。こうした筋肉を使うことによって、シワやたるみなどの改善、肌のハリを取り戻せることもあります。

次のページではインプラントのデメリット、また、その回避方法について説明致します。

  1. 1.
  2. 2.インプラントのデメリットとその回避方法に進む
  3. 3.
  4. 4.